banner
湖山医療福祉グループ

rss
ginza_premium
銀座ミツバチ

東日本大震災 支援ボランティアレポート
Hello Dream ハロードリーム -こどもの夢を育む社会になる
(C)1976,2010 SANRIO CO.,LTD.
APPROVAL NO. S504302
fwablogo

「とらトピアート by 日本大学芸術学部」始動、虎ノ門健康福祉館

8月2日(月曜日) 日本大学芸術学部マスコミ研究会のメンバーがとらトピア(虎ノ門健康福祉館)を訪れました。
baran2010070701
写真 左一番手前が日芸マスコミ研究会 藤野さん

その目的は?

とらトピアを取材し、記事を書くためでしょうか?

いいえ違います。

前回の見学(関連記事:日芸マスコミ研究会のメンバーがとらトピアを見学)を踏まえて、今後とらトピアで彼らが実現したいと考えている企画について、とらトピアの立石恵子館長、坂本達也マネージャーと相談・打ちあわせを行うためでした。

提出された企画書には次のようなタイトルが踊っていました。

日芸マスコミ研究会プロデュース
「とらトピアート by 日本大学芸術学部」

多くの芸術家を輩出し、また芸術家のタマゴが在学中の日本大学芸術学部の学生や関係者が「とらトピア」で定期的な展示を行い、その企画立案から進行管理などのプロデュースを日芸マスコミ研究会が担当するというのが今回の企画の趣旨。

企画第一弾は、日本大学芸術学部美術学科の大庭英司教授による油絵。

この日、大庭先生も同席し、展示期間、展示方法、搬入方法など企画実現に向けて具体的な内容が話し合われました。
baran2010070702
写真右、ご自分の作品について説明する大庭先生

第一弾の展示は、9月中旬スタートを予定しています。詳細が決まり次第、またレポートしていきます。

(2010年8月6日 阿久澤 騰)