banner
湖山医療福祉グループ

rss
ginza_premium
銀座ミツバチ

東日本大震災 支援ボランティアレポート
Hello Dream ハロードリーム -こどもの夢を育む社会になる
(C)1976,2010 SANRIO CO.,LTD.
APPROVAL NO. S504302
fwablogo

タイの医療福祉施設の現状報告(1)  はじめに

今年1月18~22日に行われたタイ視察研修に参加した鶴巻 等(有限会社一級建築士事務所建築環境計画 代表取締役)による「タイの医療福祉施設の現状」を数回に分け掲載していきます。

はじめに

【視察目的】

タイは日本との歴史的なつながりも深く、文化的にも似ている所が多い。平均寿命など統計上日本の30年前ほどの水準ながら、まもなく高齢社会を迎えようとしている。そのタイにおいて大手医療機関がどのような医療・高齢者介護を行っているか視察した。
kenshu2011011901

バンコク病院外観

【タイの医療事情(外務省 在外公館医務官情報他】

・バンコクでは代表的な私立病院の医療水準はかなり高く、日本の病院と比較しても遜色はない。

・それらの病院では、日本の医学部を卒業した医師或いは、日本の病院で研修経験のある医師又は看護師などが勤務している。

・また日本語通訳(日本人又はタイ人)などを勤務させ、専用窓口を設けるなど、日本人受診者の便宜を図っている。

・なお、私立病院では治療費等は各々の病院が独自に定めており、概して日本と比して安価とは言えない。

・バンコクを中心とした都市とその他地域とでは医療サービスに格差がある。バンコクの私立病院は高度な医療が提供され、地方の病院ではあまり医療の質が担保されていない。

【視察場所】

・バンコク病院
開設は1972年。ベッド数は500床。バンコク・ドゥシット・メディカル・サービシーズ(Bangkok Dusit Medicalservices:略称BGH)のグループ病院。
・サミティベート・スクンピット病院
kenshu2011011902
サミティベート・スクンピット病院

1979年開設。ベッド数270床。上記BGH傘下。
・バムルンラード・インターナショナル病院
kenshu2011011903
バムルンラード・インターナショナル病院内のエレベーター・ホール

1980年開設。ベッド数は554床。
・クルアイナムタイ病院第2病院
1981年開設。ベッド数は120床。クルアイナムタイ病院グループの高齢者医療専門の病院。

(有限会社一級建築士事務所建築環境計画 代表取締役 鶴巻 等)

【関連記事】カメリア監理、鶴巻等建築士にお話を聞きました