banner
湖山医療福祉グループ

rss
ginza_premium
銀座ミツバチ

東日本大震災 支援ボランティアレポート
Hello Dream ハロードリーム -こどもの夢を育む社会になる
(C)1976,2010 SANRIO CO.,LTD.
APPROVAL NO. S504302
fwablogo

タイの医療福祉施設の現状報告(4) バムルンラード・インターナショナル病院

今年1月18~22日に行われたタイ視察研修に参加した鶴巻 等(有限会社一級建築士事務所建築環境計画 代表取締役)による「タイの医療福祉施設の現状」を数回に分け掲載していきます。今回は第4回になります。

■第1回記事 タイの医療福祉施設の現状報告(1)  はじめに
■第2回記事 タイの医療福祉施設の現状報告(2) バンコク病院
■第3回記事 タイの医療福祉施設の現状報告(3) サミティベート・スクンピット病院
kenshu2011012201

この病院もこれまでの2病院同様、外国人向けの医療体制を充実させている(日本で言えば聖路加国際病院のようなものか)。患者の1/3が外国人で、世界 140カ国から年間30~45万人が来院すると言われている。バンコクでも1,2を争う高級病院である。

この病院も高級ホテルをイメージさせる内装である。バンコク病院は共用ホールに明るく白いイメージを持たせていたが、バムルンラード病院は暖色系の色使いと若干暗めにすることにより高級感を醸し出している。
kenshu2011012202
バムンラード病院 日本人専用受付
kenshu2011012203
写真上 天井案内板 拡大

日本人専用の受付も当然完備している。また日本でもおなじみのマクドナルド、スターバックスなどの飲食店もテナントとして入っている。

病棟の病室は基本的には個室になっており、しつらえは病院用のベッドがなければまさにホテルの客室である。広さについても日本の病院の一般的な個室とは比べものにならない程広く、家具や備品も豪華な物が備え付けられている。
kenshu2011012204
ロイヤルスイートルーム(患者ベッドルーム+リビングルーム+家族用ベッドルーム(ツイン)+キッチン+浴室+トイレ 約90㎡)を見学したが、この部屋の1日の利用料金は25,000バーツ(約75,000円)とのことであった(運良く見学した日のみ空室であった)。

kenshu2011012205
(有限会社一級建築士事務所建築環境計画 代表取締役 鶴巻 等)

【関連記事】カメリア監理、鶴巻等建築士にお話を聞きました