banner
湖山医療福祉グループ

rss
ginza_premium
銀座ミツバチ

東日本大震災 支援ボランティアレポート
Hello Dream ハロードリーム -こどもの夢を育む社会になる
(C)1976,2010 SANRIO CO.,LTD.
APPROVAL NO. S504302
fwablogo

2011タイ・カンボジアだより  <番外編 バレンタインデー>

2月14日はバレンタインデー

もちろんタイもカンボジアもバレンタインデーです。

タイのカップルにとって1年でもっとも大切な日のようです。
日本のクリスマスのカップルの光景よりも盛り上がるビッグイベント。
kenshu2011021401

タイでは、男性が女性にバラの花を渡します。

数は「僕の気持はあなた一人だけに・・・」という意味で一輪だけを送るのが通例。

一輪の想いを込めようと、事前に色や大きさ、花びらをグラデーションにするなど
イメージを伝え、1本1万バーツ近い効果なバラを花屋さんに注文する人もいるとか。
(1本30,000円以上ですよ)

日本の母の日と同様、タイの花屋ではバレンタインデーでは「バラ」が高価になり、
品数も減るようです。

ちなみにカンボジアでも男性から女性に花を贈るとか。
アメリカを含め欧米では男性から女性に贈り物を送る習慣のようです。

翻って日本。
日本では、女性から男性にチョコレートを送ることが習慣。

1970年代にチョコレートを「女性から男性」に送る習慣が確立したようですが、
製菓業界、流通業界が主導して「チョコレートを贈る」文化ができたようです。
日本はそういう意味ではレアな国です。

デザートといえば。。。
kenshu2011021402
写真はクルアイナムタイ病院2で出していただいたデザート!

甘いお菓子です。
栄養士さんにより「すし」のような演出をしていただいたのですが、お菓子です。

味は・・・・  好みです。

お菓子の上にのっている「緑色」の物体は
日本ならば「青しそ」ですが、

ここはタイ王国。

やっぱり「パクチー」
パクチー・・・

お菓子にもパクチー。
料理にもパクチー。
何でもパクチー。

いろんな国のいろんな食文化があります。
それを楽しむのも異国との交流ですね。

(2011年2月14日 バレンタインデー 香山 英司)