banner
湖山医療福祉グループ

rss
ginza_premium
銀座ミツバチ

東日本大震災 支援ボランティアレポート
Hello Dream ハロードリーム -こどもの夢を育む社会になる
(C)1976,2010 SANRIO CO.,LTD.
APPROVAL NO. S504302
fwablogo

口腔ケア・感染症研修を行いました!

こんにちは!

7月25日(水)に統括本部にて行われました、

【テーマ別研修 口腔ケア・感染症研修】についてご報告いたします。

暑い中ご参加いただき、ありがとうございました。

外の暑さに負けないくらい、盛り上がる研修となりました!

午前中は、感染症について。

感染症はなぜ起こるのか、感染経路や対策などを

イラストを使用してグループごとにまとめました!

b

割り箸を使って、人形劇でまとめたグループもあり、個性溢れる楽しい学びとなりました。

100-1=0

一人でも、感染症への意識が低いと、感染症を引き起こしてしまいます。

みんなで、根拠のある感染症対策を!!

午後は口腔ケアについて。

実際に、スポンジブラシや口腔ケアガーゼを使用してみたり、

口腔マッサージ、口腔体操を行うなど

実践を通して、口腔ケアについて学びました!

口腔ケアを行うことはあるけれど、

ケアされるのは、お客様の気持ちがわかる貴重は体験になると思います。

「スポンジがざらざらでちょっと気持ち悪い」

「介護者の不安感が伝わる」

「綺麗に磨いてもらって気持ちが良かった」

「声掛けがあって安心した」

などの感想がありました!

h

講師の、医療法人社団 百葉の会 太田部長の

体験談で涙あり、グループワークで笑いあり、

とても充実した研修となりました!!

太田部長、ご参加下さった方々、遠方から来て下さった事務局の方、

ありがとうございました(^^)

2018年7月26日 統括本部 中島

湖山医療福祉グループ全国事例研究発表大会に向けて 【社会福祉法人 水澄み会】

特別養護老人ホームロング・レンです。

平成30717日に特別養護老人ホームロング・レン交流スペースで

湖山医療福祉グループ全国事例研究発表大会への水澄み会選出事例 5事例の報告会を行いました。

2018071701

各事業所から日頃のケアの取り組みやお客様の生活環境について様々な視点の事例報告をおこないました。

2018071702

平成30年7月17日

社会福祉法人 水澄み会 荒瀬

医療法人社団緑愛会【開設研修レポート⑤】ラストは、職員たちの「 笑顔 」をどうぞ!

こんにちは

仙台市茂庭オードエクラ開設準備室です

【 開設研修 レポート ⑤ 】

ラストは、職員たちの「 笑顔 」をどうぞ!

あと出しじゃんけん DE 脳の活性化!

笑顔 (^o^) 満天

「片手」後出しじゃんけんは、余裕の表情!

しかし、「両手」になると・・・

すぐに手が出ない人も出てきましたね~

さらに、

「両手」「後出し」「負け」じゃんけんになると・・・

思わず笑いが湧き出ます!

『 認知症サポーター養成講座 』を受講した最後は、

職員全員で「オレンジリング」をつけ

\ 認知症のプロフェッショナルを目指すぞーーー! /

(2018年6月21日医療法人社団 緑愛会

介護老人保健施設 オー・ド・エクラ

介護付有料老人ホーム オー・ド・エクラ

相談員 渡辺)

本年度のKOYAMA Collegeが開講しました! 【医療法人社団水澄み会】

水澄み会 事業管理部です。

平成30年6月9日(土)、特別養護老人ホームロング・レンにて

今年度1回目のKOYAMA College(実務者研修)講座が行われました。

2018061501

本年度の受講生は9名(浜田校7名、松江校2名)です。

介護福祉士の資格取得を目指して、頑張りましょう!

KOYAMA Collegeについて詳しくは水澄み会ホームページをご覧ください。

http://mizusumikai.or.jp/college/

2018061502

平成30年6月15日 医療法人社団水澄み会

草加福祉会 新入職員ハイライト(社会福祉法人草加福祉会)

みなさんこんにちは。
草加福祉会の岡林です。
今日は4月より入職していただいた新入職員にスポットを当てていきたいと思います。
まずは草加福祉会の法人入職式・研修の様子です。

dscf68172

dscf68981

はじめは緊張した新入職員がとても多かったですが、徐々に研修の中で打ち解けていきました。
img_37811

img_3818

介護アドバイザーの高口光子氏にも、講演をいただきました。

img_3850

自分たちがこれからやっていく「介護」はどういう仕事か改めて考えるきっかけとなりました。

介護技術研修も力が入りました。
img_3888

img_4054

入居者様の思いを知り、体験を通して学ぶことができました。

湖山医療福祉グループ入職式・研修もとても充実した時間を過ごすことができました。
img_4232
img_4497
img_4359

これから現場では大変なことや、楽しいことつらいこと、嬉しいことたくさんあるかと思いますが一緒に乗り越えて頑張っていきましょう。

2018.4.24 社会福祉法人草加福祉会 岡林

平成29年度トップマネジメント研修修了しました!

平成30年2月7日(水)-8日(木)、千葉県の「クロス・ウェーブ船橋」にて、

こやまケア トップマネジメント研修(後期)を開催しました。

今回の研修では、1年間の取り組みの成果と反省を一人ひとり発表し、

グループワークではグループメンバーとファシリテーターからアドバイスをもらい、

取り組みの中で新たに見つけた課題を解決するために、次にやるべきことを考えます。

最終日は一人ひとり「明日からこうする!」といった決意発表を行いました。

e38388e38397e3839ee3838de69c80e7b582e59b9e_180213_0003

e38388e38397e3839ee3838de69c80e7b582e59b9e_180213_0030

研修はおしまいですが、

もっといいサービスを提供するための、もっと職員が誇れる職場にするための、

取り組みは続いていくんですね。

わたしも気が引き締まります…

最後に、湖山代表から修了証書授与をしていただきました。

e38388e38397e3839ee3838de69c80e7b582e59b9e_180213_0099

e38388e38397e3839ee3838de69c80e7b582e59b9e_180213_0122

それから、こっそり集めた「上司からのお手紙」を、湖山代表に代読していただきました。

e38388e38397e3839ee3838de69c80e7b582e59b9e_180213_0140

e38388e38397e3839ee3838de69c80e7b582e59b9e_180213_0098

感謝と期待の込められたお手紙に、涙ぐまれる受講者も多かったです。

記念写真を撮りました。

e38388e38397e3839ee3838de69c80e7b582e59b9e_180213_0157

e38388e38397e3839ee3838de69c80e7b582e59b9e_180213_0159

おつかれさまでした!

(平成30年2月13日 統括本部 東)

中途入職者研修 【医療法人社団水澄み会】

水澄み会 事業管理部です。

平成30年1月29日(月)、浜田市長沢町の特別養護老人ホームロング・レンにて「中途入職者研修」が開催されました。

年度の途中に入職した職員が、法人概要や就業規程、目標管理などについて知識を深めるための研修です。今回は27名が参加しました。

20180129011

水澄み会では1年を通じて様々な研修を行っており、学びの場が多いことも魅力のひとつです。

皆さん緊張した様子でしたが、しっかりと集中して受講されました!

平成30年1月29日 医療法人社団水澄み会

湖山医療福祉グループ - 第1回技能実習制度に基づく実務研修

2017年11月1日から技能実習制度に「介護職」が加わりました。

湖山医療福祉グループは日本初の「企業単独型」で技能実習生を受け入れる為に、2018年1月25日に「湖山医療福祉グループ - 第1回技能実習制度に基づく実務研修」を行いました。

全国各法人から約70名が研修に参加しました。

unnamed-1

cid_16140bc4f148e3c915c2

第一回目の研修内容は①介護技能実習生の制度②湖山医療福祉グループの予定③技能実習機構向けの提出書類作成です。

今後研修の回数を増やして、各法人がスムーズに技能実習生を行けいれられるように努めてまいります。

統括本部 金

ISO内部監査員養成研修 【医療法人社団水澄み会】

水澄み会 事業管理部です。

平成30年1月15日〜16日の2日間、浜田市長沢町の特別養護老人ホームロング・レンにて、湖山医療福祉グループ西エリア合同ISO内部監査員養成研修が開催されました。

医療法人社団水澄み会では、ケアの質を保証するものとして「ISO9001(品質マネジメントシステム)」の認証を取得しています。

今回開催されたのは、このISO9001が正しく運用されているかをチェックする「内部監査員」を養成する研修です。

医療法人社団ひがしの会、株式会社ライフアシスト、社会福祉法人水澄み会、医療法人社団水澄み会より計34名が参加しました。

20180116011

マニュアルの理解、監査基準に関する知識の取得など、2日間しっかりと集中して学びました。

次回の内部監査での活躍に期待しています!

平成30年1月16日 医療法人社団水澄み会

第2回チームケア学会 参加報告 【医療法人社団水澄み会】

平成29年11月24日(金)、東京都で湖山医療福祉グループのチームケア学会が開催され、水澄み会からも参加しました。

20171124001

今回は、看取りに関する2事例の発表と、各法人から選ばれた6名の専門職での討論会(多職種協同で生きる覚悟について考える)があり、水澄み会からもセラピスト代表として、もやいの家ひきみ所属の作業療法士がステージにあがりました。

日々、ケアをしているお客様は違いますが、介護に対する思い・目指すケアは職種の垣根を越えて実施されていきます。

水澄み会でも以前より多職種協同でのチームケアに力を入れていますが、今回の学会で得たものをしっかりと活かしたケアを継続していきます。

平成29年11月24日 医療法人社団水澄み会

【医療法人 緑愛会】10月30日~31日会議のご報告

こんにちは
仙台茂庭 オードエクラ 開設準備室です!

<会議報告>

10月30日~31日 東京都クロスウェーブ府中で開催された
『湖山医療福祉グループ 2017グロースプランミーティング』
に出席いたしました。

湖山医療福祉グループ 各法人が集まり
上期実践と下期計画の報告をいたしました。

医療法人 緑愛会は、山形の事業所と一緒に出席し
仙台市茂庭 老健・有料オードエクラについて報告させて頂きました!

さて、宮城県と山形県の皆さん、

TVCMはご覧になりましたか?

★宮城県は、ミヤギテレビと仙台放送にて12月7日まで放送★
★山形県は、山形放送にて11月4日~11月30日まで放送★

ここで、一緒にCM出演している
仙台 湖山医療福祉グループ3法人 発表の様子を紹介いたします!
-
医療法人社団 平成会

介護老人保健施設 ファンコート泉では、
お誕生日に栄養科からバースデーケーキがあるようです!
しかも!同じケーキはひとつとない、唯一無二だそうです(゚▽゚*)


社会福祉法人 湖星会

ラスール泉は、
H30年4月1日オープン予定の特別養護老人ホームです!
どんな施設が出来上がるのか楽しみですね(^○^)
ラスール泉とファンコート泉は隣同士にあります!


社会福祉法人 緑愛会

特別養護老人ホーム オードエクラは、
1階に地域交流スペースがあり、
地域の方との交流が盛んにある施設です(^-^)♪


1日目の懇親会では、
たくさんの激励のお言葉を頂きました!
ヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノ

~湖山医療福祉グループ理念~
「自らが受けたいと思う医療と福祉の創造」
~こやまケア~
まやかな気配り
さしい笑顔
ごころ込めたお付き合い

全国に同じ理念を持った
仲間がいることはとても力強いことです!!

地を知ること、
人(地域の方や仲間である職員)を知ることの大切さを
改めて学んだ有意義な2日間となりました。

今回の会議で得た情報を基に、地域にあった施設作りを目指していきます。

(2017/11/9 老健有料 オードエクラ 渡辺)

カメリア桜ヶ丘 『階層別研修“ISO”とは何か…?』 カメリア会

みなさん、こんにちは。カメリア桜ヶ丘です。

雨が降ったりと、天候が不安定な日が続いていますが、体調を崩されていないでしょうか?

 

さて、桜ヶ丘では毎月開催しています階層別研修を10月20日に行いました。

今月のテーマはユニットリーダーを対象とした『ISO9001:2015年度版』についてです。

 

ISOはカメリア会ではなく、湖山グループ全体で取得する事を目指しているものであり、

桜ヶ丘も去年取得しました。

ISOは取得する事を目的としてはおらず、実行し改善していくという、常に継続していく

事を目的としています。

そこで、まずはユニットの責任者であるリーダーに知識を深めてもらうおうと、今回

階層別という形で研修を組みました。

 
この研修の講師を担当するのは、カメリア会の事業推進担当課長。

 

IMG_3409

 

今年度よりISOマニュアルが改定したこともあり、研修資料も一新!

 

IMG_3408

 

カメリア会ではISOを業務に絡めていることもあり、どのリーダーも現場にきちんと持っていくことを意識し、

必死に研修内容をメモに取っています。

 

自分たちがどのようなルールの中で働いているのか、どういう仕組みのもとで業務にあたっているのかという

事を、今回の研修で学べたのではないかと思います。

 

リーダー達には研修で学んだ事を現場に持ち帰り、11月28日実施されます法人内内部監査に備えてもらえれば

と思います。

 

(作成日2017.10.21 特別養護老人ホームカメリア桜ヶ丘 梶 伊織)

なりひら包括、見守り 「平成29年8月15日 虐待研修開催」 カメリア会

18時から、なりひらホーム2F地域交流室にて「高齢者虐待の早期発見と連携」というテーマでヘルパー・デイサービス事業所向けに虐待研修を行いました。虐待が不適切な介護から始まるという事を考えると虐待が特別なことではなく、誰にでも起こりうることであるという意識を持っていただきました。さらに虐待の場面に最初に遭遇するのがヘルパーやデイサービスの送迎時である事が多いため、発見したらすぐに高齢者支援総合センターに連絡するようにお願いをしました。高齢者虐待の研修はいつでもどこでも行います。もし場所がないということであれば、なりひらホームで行います。ご興味がございましたら、なりひら高齢者支援総合センターにぜひご連絡ください。

 

(作成日2017.8.31 なりひら包括 西川)

【統括本部】「食事ケア」研修が開催されました

6月21日湖山医療福祉グループの統括本部が置かれている銀座メディカルビル9階のスタジオにて、グループ内研修が行われました。

img_0026

今回のテーマは「食事ケア」で、百葉の会の老健星のしずくの望月事務長が講師を担当しました。栄養分野の研修ということもあって栄養士の方の応募が多くあり、スタジオの机が足りなくなるほどの人気研修となりました。

研修ではまず「自分が行いたい食事ケアとは何か?」について考え、それを言葉で伝える練習を行いました。理想のケアを実現するためにはそれを相手に伝えなければならない、ということでグループメンバー同士での発表と全体に向けての発表を中心に研修は進められました。

img_0030後半では、各自の職場のチーム人数とその中に新人・先輩・リーダー・役職者がそれぞれ何人いるかを調べると同時に、職場の業務内容の今一度の把握を行いました。

e784a1e9a18c

最後は、それらを踏まえて「自分の職場に人が足りない時にどう上司に訴えればいいのか?」について考えました。2グループずつペアになり、それぞれ上司役・部下役を務めて発表し合いました。望月事務長は体験談も交えて和やかな雰囲気で研修を進められ、受講生が活発に意見を出し合う5時間となりました。

(2017/6/22 統括本部 研修担当 山羽 晋作)

【統括本部】首都圏人材育成研修のフォローアップ回が開催されました

img_00026月19日、首都圏施設の人材育成担当者のための研修「人材育成研修」のフォローアップ回が開催され、

受講者の方々が自施設で企画・実施した職員研修に関する報告が行われました。

受講者の方々はそれぞれの施設の管理職級の方々であり、職員の参加への動機づけや、参加のためのシフト調整など、実施にあたっての様々な工夫について言及していらっしゃいました。

報告後の発言の場では各自の施設が抱える課題に踏み込んだ質疑が行われ、5時間の研修の中でオブザーバーの方々と意見を交わしながら乗り越えるべき新たな課題を見つけた様子でした。

img_0008

研修の途中には湖山代表も登場され、管理職としての心構えや施設のあり方などについてご教授いただきました。

img_0016結びの言葉は医療法人財団百葉の会の人材開発室 高口光子部長が担当され、研修に職員が参加しやすくするための工夫、情報の提供と受講者からの発信の大切さ、企画者・管理者の問題意識の共有の重要性などについて伝えられていました。

(2017年6月20日 統括本部・研修担当 山羽 晋作)

第2回「初級リーダー研修」が開催されました

6月8日、神奈川県の特別養護老人ホーム「マナーハウス麻溝台」にて、先月の第1回に引き続き「初級リーダー研修」第2回が開催されました。 img_0237 講師は百葉の会人材開発室の高口部長が務め、約6時間の気持ちのこもった講義を展開されました。 今回は「会議」がテーマであり、施設内外での会議にリーダーとして出席することの意味や、発言の促し・決議内容の伝達の重要性などについてご教授いただきました。 img_0248 グループワークでは、受講者各自の施設にどのような会議があるのかを事前に調べた表を使用して、各施設の情報伝達経路の違いなどについて受講者同士で比較を行いました。 受講者たちは講義の中で会議の重要性とリーダーとして会議に臨む姿勢を学びました。

(2017.6.12 統括本部・研修担当 山羽 晋作)

「こやまケアトップマネジメント研修」が開催されました

65日~6月7日、クロスウェーブ船橋にて「こやまケアトップマネジメント研修」が開催されました。

img_0414

img_0416

§研修1日目§

集まった受講者は現場のトップとして組織を運営する方々で、管理職経験豊富なファシリテーターの方々の指導のもと、自身の課題について深く追求されていました。グループワークでは受講生同士で互いの職場が抱える問題をありのまま伝え話し合い、研修1日目を通して多くの意見が交わされました。


§研修2日目§


img_0197


img_0201

2日目は昨年この研修を受講した名川施設長(湖成会・熱海伊豆海の郷)・神原主任(ひがしの会・えんじゅ引野)に体験談という形でご講義いただきました。施設の課題・自分自身の課題の克服する過程を説明していただき、受講生の方々も実際のマネジメント例として真剣に耳を傾けていらっしゃいました。

そして、これまでの検討に基づいて、これから受講者自身が管理職として行うべき計画「アクションプラン」を作成しました。


§研修3日目§


img_0458

img_0454

3日目最終日、前日のアクションプランに基づき各自発表と質疑応答を行われました。10月に行われる中間報告に向け、各自決意を新たにされたご様子でした。

(2017.6.12 統括本部・研修担当 山羽 晋作)

口腔ケア勉強会 【医療法人社団水澄み会】

介護老人保健施設アゼーリみずすみリハビリ職員より、勉強会の様子をご紹介します。

5月9日(火)、アゼーリみずすみにて、外部講師をお招きし口腔ケアの勉強会を実施しました。

介護士、看護師、リハビリなど多職種が20名程度集りました。

2017052601021

多くの参加から、職員の口腔ケアに対しての意識の高さを実感しました。

外部講師の方からは、口腔ケアの手順や見直し、口腔ケア用品の種類などを学びました。

「お客様の口腔衛生を保つ意味」や「誤嚥性肺炎を起こさないためにどんな事をしたらいいか」を改めて考えさせられました。

今後も、職員が必要としている知識に合った勉強会を、継続して実施していきたいと感じました。

皆様、お疲れ様でした!!!

平成29年5月26日 医療法人社団水澄み会

【統括本部】グループ研修「事故とは」が開催されました!

5月25日、銀座・統括本部のスタジオにて「事故とは」というテーマでグループ内研修が行われました。

img_0072

介護老人保健施設 鶴舞乃城の渡邊事務長が講師を担当され、多くの事故の実例について紹介していただきました。

受講者の方々は実際に職場で起こりうる事例として、真剣な様子で話を聞いていらっしゃいました。

img_0075また今回の研修では転倒・転落事故に焦点を当て、転倒によっておこる骨折について、部位別の注意点などを説明して

いただきました。

img_0093

研修の後半では、グループによる話し合いも行われ、各施設の職員である受講者の方々が

事故への対応方法について意見を交わし、事故防止の取り組みについて互いに考えを深めたご様子でした。

(2017年5月26日 統括本部 山羽 晋作)

高口光子×YMCA健康福祉専門学校 特別講演 (社会福祉法人草加福祉会)

2017/5/25

昨日5/24はYMCA健康福祉専門学校から、介護福祉科で学ばれている1年生と先生にマナーハウス麻溝台にお越し頂き、マナーハウス麻溝台のプロデューサーでもあり、全国的にも著名な高口光子部長に特別講演して頂きました。

きっかけは、採用担当として学校へのアポイントを取った後、すぐに折り返しご連絡を頂いた先生とのやりとりでした。

「1年生に介護とはどういうものなのか、実際オープンしているマナーハウス麻溝台に見学をさせてもらえないでしょうか」

岡林なりに考え、ちょうど目の前に高口部長がいたため「これから介護を担う方により介護の大切なことを知ってもらいたい」という想いから、高口部長も快く引き受けて下さり実現した特別講演でした。

介護の基本、3大ケア食事・排泄・入浴の大切さを伝え、実際の体験談や、お年寄りとのエピソードなど様々に渡る講演内容。

img_0055


マナーハウス麻溝台で、開設後たったの1週間という短い期間のお付き合いだった一人のお年寄りの話もされました。

一日一日が感動のエピソード、ご家族も職員もその方の一日一日をとても大切にしました。

病院では口から食べることはできなかった、好物のあんこをSTの評価、栄養士がその方のためだけに作りおいしく食べてもらったこと。

機械浴でない、檜の普通のお風呂に入って、ほんとうに気持ちいいと喜んでくれたこと。

夕方、最後の桜を見るためにご家族、看護師、相談員、ケアマネ、介護でみんなで桜を見に行ったこと。

最後に気持ちいいといってくれた普通のお風呂に入れたこと。

高口部長が話しながら、学生の方も後ろで聞いていた相談員も号泣していました。

講演が終わり、司会進行役の岡林もその方との想い出がたくさんでて来て、まさかの号泣する事態になったのはここだけの話です。

そのお年寄りには、とても大切なことを教えてもらいました。そしてこれからもマナーハウス麻溝台として、一人のお年寄りを大切にする個別ケアを実現していき、またこれから介護の未来を支える方たちにも、大切なことがしっかり伝えていけるようにと強く想った講演でした。

高口部長も、これから介護を志す方たちにこのような機会を大切にしていきたいといってくれました。

今回に限らず、高校・専門学校・大学など、スケジュールは多忙な高口部長ではありますが、特別講演という形で今後も実施していきたいと考えています。

なにかありましたら、マナーハウス麻溝台 岡林までご連絡ください。

img_0063

YMCA健康福祉専門学校の生徒様が、この講演を聞いて「ほんとうの介護」を模索しながら勉強に励み、介護福祉士として活躍される日を心から応援しています!

マナーハウス麻溝台 岡林