banner
マイナビ2022
湖山医療福祉グループ

rss
ginza_premium
銀座ミツバチ

東日本大震災 支援ボランティアレポート
Hello Dream ハロードリーム -こどもの夢を育む社会になる
(C)1976,2010 SANRIO CO.,LTD.
APPROVAL NO. S504302
fwablogo

「3.11を振り返って」カメリア会

2011年3月11日午後2時46分、三陸沖で発生したマグニチュード9.0の
東北地方太平洋沖地震により引き起こされた大災害から、9年が経ちました。

最大震度7の強い揺れと国内観測史上最大の津波を伴い、
東北・関東地方を中心とする広い範囲に甚大な被害をもたらしました。

当時は、東京のシンボルとも言える東京スカイツリーが工事中で、
設置されたクレーンが大きく揺れていたのを鮮明に覚えています。

在宅サービスを利用されているご利用者様を送迎後、帰宅難民
となってしまった職員は施設に宿泊する者も多くいました。

またカメリア会としても、被害を受けた湖山医療福祉グループの東北の施設を
支援する為、いち早くヘリで駆け付けた湖山代表を追うように現地に向かいました。

江東区にある特別養護老人ホームカメリアには、グループ内外から多くの支援物資が集まり、
その物資を被災された施設に届けるべく、同グループの法人と合流し、通常3時間弱の道のりを
6時間以上かけて被災施設へ向かったことが今でも思い出されます。

あの日見た景色や湖山医療福祉グループの輪、支援の為に
奔走した日々は忘れることなく、今も強く心に残っています。
あれから9年。

様々な想いを忘れずに、日ごろから防災意識を高め、
ご利用者様と職員の安心・安全に配慮した施設運営を行って参ります。

(作成日2020.03.13 社会福祉法人カメリア会 広報担当)

震災から9年の月日を経て【医療法人社団湖聖会(宮城)】

2011年3月11日午後2時46分。
未曾有の揺れを感じて間もなく、小泉地区を大きな津波が襲い甚大な被害を受けた、忘れもしない東日本大震災が発生。
その時にご利用されていたお客様の安全を確保するため、職員全員が力を合わせ上階へと避難して人的被害はありませんでしたが、ライフラインが寸断され日が沈むにつれ辺りが灯り一つない闇が覆うなか、避難所として地域の方々約140名を受け入れました。
無題2.png

情報も乏しく殆どの職員が家族の安否も分からない状態でしたが、互いに励まし合いながら、限りある資源の中で最大限のケアを維持すべく、応急的ながらも知恵を持ち寄り、その日を乗り越えました。

湖山代表がヘリで駆け付け被災の状況を目の当たりにし、地域の被災した方々にも、支援を約束してくださったことをとても心強く感じました。
無題.png
図1.jpg

震災発生から2日後には山形県川西町の川西湖山病院、かがやきの丘にお客様を移送して安全を確保しつつ、はまなすの丘の職員も順次駆け付けお客様のケアに当たりました。
無題3.png

全国の湖山医療グループ各法人から支援をいただき、ライフラインが復旧したはまなすの丘へ4月25日からお客様が順次帰設され、6月には全てのサービスが再開し以前のような賑わいが戻りました。

図3.jpg
はまなすの丘から望む、震災前の小泉地区

図3-2.jpg
震災後の小泉地区

IMG_4839_R.JPG
現在の小泉地区

その東日本大震災から9年。
気仙沼市は今もなお復興に向けて進んでいます。
当事者として得た経験、そして皆様から頂いた支援をいつまでも忘れずに、教訓として活かしていきたいと思います。

当時の記事は下記リンクをご覧下さい
東北地方太平洋沖地震・避難所だより
東北地方太平洋沖地震
地域の復興

<2020.3.13 医療法人社団湖聖会 支援相談部 菊地>

東日本大震災から9年。あの日の思い  ◆医療法人社団 平成会◆

東日本大震災から9年が経ちました。今でも当時の様子を鮮明に覚えている方も多いと思います。

医療法人社団平成会でも、福島県郡山市では、施設、お客様、職員ともに被災してしまいました。郡山のお客様に関しては、二本松にある社会福祉法人湖星会「みどりの郷」に一時避難させていただき、その後、被害の少なかった会津若松市、会津美里町の施設まで避難していただくこともありました。

【避難先でのお客様の様子】

避難先のグリーンケアハイツでは、インターネットを用いたビデオ通話で近況を報告しあうこともありました。

また、全国から支援物資もいただきました。湖山医療福祉グループの法人のみならず、他の団体様などから多くの温かいご支援をいただきました。支援物資に書かれていたメッセージに、何度も元気を分けていただきました。

10月には震災で沈んだ気持ちの中、会津美里町のグリーンケアハイツに移動販売車のファミマ号にも来ていただき、施設のみならず近隣の住民の方々にも元気を分けていただきました。

日本全国からの温かい支援があったからこそ、震災を乗り越えてこられたのだと思っております。

医療法人社団平成会では、「あの日を忘れない」という想いの元、震災の翌年から3月11日は法人全体の防災訓練を行っております。あの日を忘れずに、また、災害時でも適切な対応ができる体制を整い続け、お客様と職員の安全を守れる施設体制を続けてまいります。

(令和2年3月11日 医療法人社団平成会 グリーンケアハイツ管理部 小柳)

あれから9年 -2011.3.11 東日本大震災-【医療法人社団緑愛会】

2011年3月11日14時46分

今までに体験したことのない強い揺れから、感じたことのない恐怖が襲ってきました。

これは只事ではないな、これからどうなるのだろうと、一瞬にして沢山のことが

頭を駆け巡ったことを昨日のように覚えています。

TVには同じ東北の想像も絶する姿が映っており、ショックとしか言いようが

ありませんでした。

( 湖山医療福祉グループ はまなすの丘から見下ろした気仙沼本吉町 )

津波被害は甚大であり、はまなすの丘周辺も壊滅状態。

建物及び老健に入所されているお客様・職員に対する人的被害はありませんでしたが、

ライフライン途絶により、入所されているお客様・職員にも二次的な生命危機の危険

が迫っておりました。

派遣支援では対応不可能と判断し、3月13日より川西湖山病院・かがやきの丘への

移送を開始、5日間で96名を搬送しました。

受入れは無事に完了しましたが、プライバシーが十分でない狭い環境。

(かがやきの丘 通所リハビリフロア)                                 (かがやきの丘 リハビリ室)

十分なスペースはなく、1人ひとりに寄り添う看介護は不十分。

情報の少ない中でのケアや人員不足、休日となれば燃料確保のために開いているスタンドを

探したり等、心も体も落ち着ける時間は正直なく、職員の不安や疲労もピークとなります。

しかし、誰も弱音を吐かず仲間を信じ、声をかけ合うことを大切にしました。

私達よりも、被災し辛い想い、慣れない環境で生活しなければいけないのはお客様であり、

身体のケア以上に、心のケアが大切な仕事の一部だと感じることができました。

また、全国のグループの皆様の支援により励まされ、お客様の生活を支えて頂いた

ことに深く感謝申し上げます。

震災による食料、水、電気などの無い生活を経験し、今できている普通の生活の

ありがたさを実感しています。

震災を受け、私達が守らなくてはならないと感じたのは、物資不足などの不安から

過剰な買い占めをしないこと。

今もコロナウイルスの影響から物資不足が続いておりますが、多くを求めすぎず、

困っている時は助け合う精神を忘れずにいなくては…

震災関連の報道は少なくなっていますが、被災地の方々の心の傷、失ったものの多さ、

これからもその現実と向き合って生活していかなければいけないことを何年経っても

忘れずに、私達がこの経験から得たものを伝えていくこと大切にしたいですね。

令和2年3月11日 医療法人社団 緑愛会 事業本部 青木

鶴成館ショートステイ おやつバイキング ◆医療法人社団 平成会◆

みなさんこんにちは!
鶴成館ショートステイです。
9月5日に行いました
「おやつバイキング」
の様子をお伝えします。
1.JPG
おやつは、栄養科のスタッフが
用意しました。
4.JPG
2.JPG
お好きなもの3つ選んでいただきました。
5.JPG
みなさま、
笑顔でおいしく
召し上がりいただきました!
11.JPG
12.JPG
13.JPG
ありがとうざいました!
(2019年9月8日
医療法人社団平成会  鶴成館 栄養科    佐藤良子
鶴成館ショートステイ 下田信幸)

「3.11 子どもたちの視線―3.11キッズフォトジャーナル写真展」開催中(神明いきいきプラザ)

2月24日(火)~3月19日(木)、神明いきいきプラザ2階展示ギャラリーにて、
「3.11 子どもたちの視線―3.11キッズフォトジャーナル写真展」を開催しております。

東日本大震災から4年が経とうとしていますが、被災した子どもたちがどのように過ごし成長しているのか、
子どもたち自身が記者となって撮影した作品を通して垣間見ることができます。

子ども記者たちの率直なコメントと共に、思いの伝わってくる作品が並んでいます。

午前9時~午後5時、入場は無料となっております。気軽にお立ち寄りください。

◇開催日時:平成27年2月24日(火)~3月19日(木)
◇開催場所:プラザ神明2階 展示ギャラリー
◇担当・記事作成:石橋香里

特別養護老人ホーム楓の丘 竣工式 <社会福祉法人湖成会>

静岡県富士宮市にある社会福祉法人湖成会は、法人として3箇所目の特養施設となる特別養護老人ホーム楓の丘の竣工式を、平成25年3月29日(金)午前11時より、ご来賓の皆様約130名にご参列を賜わり、優しさに一杯に包まれた雰囲気の中、執り行いました。

先ずは、当日お越し頂いた皆様に感謝とお礼を申し上げます。

 

ここからは、当日の式次第に合わせて画像と一緒にご紹介します。

1.湖山理事長のベルの合図と、画像後ろ側にいらっしゃるアルプホルンの重厚で廻りの山々に響き渡るホルンの音色でオープンニングセレモニーとテープカットが行われました。

1031

2.屋外でのオープニングセレモニーに続き、ご来賓の皆様には正面玄関から、楓の丘にご入場頂きました。

1041

3.竣工式では、湖山理事長挨拶、須藤富士宮市長ご祝辞、耕舎建築設計事務所様、井上建設様への感謝状授与、財津事業部長の事業概要説明、寺田顧問の乾杯等が行われました。

1061

1071

 

108

1091

4.歓談の最中には、冒頭アルプホルンを演奏して下さった玉川アルプホルンクラブの皆様が気さくにご来賓の皆様の中に溶け込み、アコーディオンの演奏やアルプスの楽曲等を演奏して和やかなリゾートの雰囲気を演出して下さいました。また、お食事は地元で約4年前から有機農作物の生産・加工・販売を手掛け、季節の地の野菜をふんだんに盛り込んだお料理でマスコミ等で評判のビオファームまつき様にお願いし、皆様に召し上がって頂きました。

1121

1131

1151

5.竣工式の最後は、平成25年4月1日(月)から実際の施設運営が始まりますので、お揃いのポロシャツのオープニングスタッフ(We Have Pride)に囲まれて、赤池介護長と遠藤施設長から本日までの関係する全ての皆様へのお礼と今後の施設運営に関わる想いを挨拶に代えさせて頂きました。

1162

1171

 

竣工式当日は至らぬ所もあったかと存じますが、ご参列頂いた皆様からは励ましの言葉や今後の施設運営に関わる期待等、数多くのエールを送って頂きました。

皆様のご期待に添えるよう、愛されて信頼される施設作りに取り組んでまいりますので、今後とも変わらぬご指導、ご鞭撻賜りますよう宜しくお願い致します。

尚、竣工式のさらに詳しい情報は、ブログにてご案内しておりますので、併せてご覧頂ければと存じます。

 

 

 平成25年3月29日

  社会福祉法人湖成会     事業部長 財津充利

  特別養護老人ホーム楓の丘 施設長  遠藤美和子

  特別養護老人ホーム楓の丘 オープニングスタッフ一同

 

「震災後2年を迎えてーコミュニティはどうなったか」(神明いきいきプラザ)《湖聖会東京》

3月14日(木)、芝会議まちづくり部会と神明いきいきプラザ共催の防災シンポジウム
「震災後2年を迎えて-コミュニティはどうなったか-」が開催されました。

60人近くの方が参加してくださり、メディアでは伝わりきらない被災地の生の声を聞くと共に、
私たちが被災地の復興や将来起こりうる震災に向けてどのようなアクションをとっていくべきか、
活発な意見交換が行われました。
011

第1部は基調講演。
被災地の復興に関わってきた4名のゲストをお迎えし、それぞれの立場からお話をいただきました。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
03_murakami
一人目は、アーティストとして震災の記憶を未来に残す
「メモリアルアートプロジェクト」や「桜3.11」プロジェクトを
進めておられる、村上タカシ氏。

震災直後には仙台市に集まったNPOやボランティアによる
機動力の高いネットワークを作り、緊急支援活動に奔走されました。

時間の経過と共に復旧から復興へと活動の内容は変化しており、
震災がまだ収束していないことを伝えてくださいました。

05_memorial

↑村上氏主催のNPO《MMIX Lab》からのメッセージ。
こちらは「メモリアルアートプロジェクト」で保存されているがれきです。
硬い金属の標識がぐにゃぐにゃにねじ曲がっており、津波の威力が生々しく伝わってきます。
13_gareki 14_gareki 15_gareki 16_gareki
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
06_fukushima
2人めは、行政職員として被災地に2回出向し支援活動に従事された
福嶋一平氏。
罹災証明書の発行で建築分野の専門能力を発揮しておられました。

震災後1ヶ月以上休日もなく働き続けた現地の自治体職員の様子を
伝えてくださり、

「働きづめで倒れる人が多く、行政職員のケアの必要性を感じた」

と語ってくださいました。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
07_saito
3人目は、「3.11からのヒカリ」実行委員会代表の斉藤道有氏。
昨年より、3月11日夜に気仙沼で光の柱を立ち上げるプロジェクトを
進めてこられました。

ご自身の震災体験と過去幾度も津波被害にあってきた
気仙沼の歴史などに触れながら、

「必ず来る震災に対しては迎える意識が重要」

と語ってくださいました。

08_311hikari

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
09_kadowaki
4人目は、コミュニティアーティストの門脇篤氏。
震災当日は県外におり、交通が途絶えたため自転車で
埼玉から仙台まで帰還したというつわものです。

アーティスト仲間と共に石巻の仮設住宅にておしるこを振舞ううちに
住民同士の活動が活発化したという「おしるこカフェ」の事例や、
石巻の小学生たちによる子ども新聞などを紹介してくださいました。
「被災した人々は、やっと現実を受け入れて生きられるように
なってきた段階だ」と。
10_ishinomaki
↑石巻子ども新聞。
小学生が町の人々に率直な質問を投げかけながら
取材し、記事を作成しています。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
第2部は、「みんなで語ろう、震災とコミュニティ」。
来場者と4名のゲストの皆さんで、活発な質疑応答がなされました。
11_discussion
12_qa
最後は、村上氏より
「復興には行政と民間組織の協働が重要。待つばかりでなく自分たちから積極的に動くことが大切だと思う。」と一言。

神明いきいきプラザも、地域の皆様との協働を大切にしながら、
災害に備えた体制作りにも取り組んでまいりたいと思います。

開催にご尽力いただきましたパネラーの皆様、芝地区協働推進課ならびに芝会議まちづくり部会の皆様、ご来場いただいた皆様、
まことにありがとうございました。

◇ 開催日時:平成25年3月14日(木)18:00~20:00
◇ 開催場所:神明いきいきプラザ集会室A・B
◇ 企画・記事作成:神明いきいきプラザ 石橋

間もなく開設 特別養護老人ホーム楓の丘 <社会福祉法人湖成会>

社会福祉法人湖成会が、約2週間後の平成25年4月1日に、静岡県富士宮市にOPENする、特別養護老人ホーム楓の丘の現況についてご紹介します。

まずは建物の外観です。チロンリアンスタイルの三角屋根や赤茶色の屋根をシンボルとして、薪ストーブのある施設として運営していきます。

312

116

 

次の写真は、楓の丘の正面玄関と1階相談室の窓越しに見た玄関付近となります。215

92

次の写真は内観となります。1階受付から広がるラウンジスペースです。山小屋風の雰囲気を演出し、薪ストーブの火でゆったりとした時間と空間を楽しんで頂くほか、1930年代のアンティーク家具を納入し、皆様にくつろいだ時間をお過ごし頂く予定です。

73

最後の写真は北棟3階の特養の居室の長いベランダから、霊峰富士山を臨んだ写真です。楓の丘はその名の通り、近郊では一番の高台にあり、緑に囲まれ富士山を観るには格好のロケーションに立地しています。ベランダのほか、屋上庭園からも富士山全景を観ることができ、富士宮市街地や駿河湾、そして反対側の南アルプスまで360度のパノラマが広がります。

161

OPENまでのイベントとして

◆竣工式 3月29日(金)11:00~ 

◆内覧会 3月29日(金)14:00~16:00 3月30日(土)10:00~16:00 3月31日(日)10:00~12:00

を予定しておりますので、皆様是非、楓の丘へ足をお運び下さいますよう宜しくお願い致します。

一方、楓の丘で皆様のお越しをお迎えする職員は、今現在下の写真の通り、事前研修を実施しています。当日、最高の笑顔でお迎えしたいと思います。

410

64

 

510

 尚、楓の丘の日々の活動状況については、ブログでもご紹介させて頂いております。是非ご覧下さい。

 【最寄りの検索サイトから‘楓の丘’で検索して頂くとOKです】

社会福祉法人湖成会 特別養護老人ホーム楓の丘 開設準備室 職員一同

医療法人社団 平成会 防災訓練

 東日本大震災から2年目を迎えた3月11日、医療法人社団 平成会の全施設で防災訓練を行ないました。

避難誘導訓練の様子

2013031101

消火訓練の様子

2013031102

非常用発電機使用訓練の様子

2013031103

 また、地震発生時の午後2時46分に職員・お客様とともに1分間の黙とうを行ない、東日本大震災で犠牲になった方々に追悼の祈りを捧げました。

2013031104

 2年前郡山の施設が被災し、職員一丸となりお客様の安全確保のため奔走したのが鮮明に思い出されます。
 私達平成会は、これからも継続的に防災訓練を行ないお客様の安全・安心を確保し、ケアサービスを通じて福島の復興に努めていきます。

(2013年3月11日 医療法人社団 平成会 法人事業本部 総務部 伊藤 静夫)

「健寿の駅」がスタートしました《医療法人社団湖聖会(宮城)》

急激な高齢化の波により、超高齢化社会の到来が予測され、各人が自立した生活を送れる「健康寿命」を伸ばすことが重要な課題となってきます。

芝浦工業大学名誉教授 岡村先生、株式会社インロッド・ネット 久武代表取締役社長他、健寿の駅推進協議会の皆様が昨年の夏頃より準備を進めてこられた気仙沼本吉地区の「健寿の駅」が、このほど会員募集が始まりスタート致しました。

健寿の駅2.jpg

スタートまでには協議会の皆様は、東京から気仙沼まで毎月訪問をされ、行政、地域、商店街の方々、福祉関係者との調整にご尽力なされました。

健寿の駅1.jpg

気仙沼本吉地区は東日本大震災で大きな被害を受けた地区の一つで、駅の設置は被災地支援の一環でもあり、被災者の外出機会を誘導することで、健康維持増進活動の習慣化や一人暮らしの見守りの管理システムにも繋げられます。

今回は万歩計の活用のみの暫定的なスタートとなりましたが、会員募集の際には、2箇所の仮説住宅の住民で20名を超える登録がありました。今後、血圧計、体重計やマルチユース型ドクターカーなどの設備関係の充実と、講習会、運動教室などにも力を入れて行く予定とのこと。この地域に於ける重要な役割を持つ拠点として期待されています。

(2013.2.1 医療法人社団湖聖会 居宅介護支援事業所管理者 千葉 宏志)