banner
湖山医療福祉グループ

rss
ginza_premium
銀座ミツバチ

東日本大震災 支援ボランティアレポート
Hello Dream ハロードリーム -こどもの夢を育む社会になる
(C)1976,2010 SANRIO CO.,LTD.
APPROVAL NO. S504302
fwablogo

いきいきプラザ「第14回いきいき健康まつり」(カメリア会)

12月8日~9日の二日間にわたり、【いきいき健康まつり】が開催されました。

両日ともに朝早くから、いきいきプラザの前には行列ができ、多くの方にお越しいただきました。

img_1159-horz

健康まつりの前日には、休館させていただき一日がかりで準備が行われました。
ご利用者様の作品の飾り付けや、9日に振舞うカレーライスの仕込み、バザーの
準備など、職員とボランティアの皆様と総出で取り組み、いよいよ当日を迎えました。

見る!食べる!参加する!観る・聴く!をテーマに行われ、ご利用者様が
描かれた絵画や書道、普段行われている教室の発表などもあり、大盛況の
館内は2日間でのべ585名の方にお越しいただき、熱気に溢れていました。

img_0797-horz(作品を多数展示しました)

img_0801-horz(メイン会場の発表の様子)

今回で第14回となる【いきいき健康まつり】も、前日からの準備を含め、地域の皆様やボランティアの皆様にもご協力いただき、無事終えることができました。

今後とも、いきいきプラザは地域の皆様のお力添えの元、生きがいをもって、自律した活動が行えるような交流の場、介護に頼らない生活の維持を目指し、運営を行って参りますので何卒宜しくお願い申し上げます。

cats(お茶会に参加し、作法をさせて頂きました)

img_3639-horz(即完売した大人気のカレーライス)

img_0742-horz(バザー大好評のため、整理券でご案内しました)

(作成日2018.12.11 社会福祉法人カメリア会 広報 木村)

特別養護老人ホームカメリア「アジア開発銀行主催のワークショップ参加メンバーが来訪されました。」(カメリア会)

2018年12月6日、厚生労働省の要請により、特別養護老人ホームカメリアに
アジア開発銀行主催のワークショップ参加メンバーの視察団が訪れました。

今回訪れたのは、インドネシア、モンゴル、スリランカ、タイ、トンガ、ベトナム各国の保健省、福祉省、財務省の課長以上の担当官、及びADB関係者、計20名です。

アジア開発銀行(ADB:Asian Development Bank)は、アジア・太平洋地域における経済成長及び経済協力を助長し、開発途上加盟国の経済発展に貢献することを目的に設立された国際開発金融機関です。1966年に発足し、現在は67か国/地域で構成されてます。

今回、アジア開発銀行主催の『アジアの高齢化への適応:効果的な対応と長期的ケアシステムの開発』と題するワークショップが12月5日~7日にかけて東京で開催され、このワークショップの一環としてのカメリア会にお越しくださいました。

高齢化が進む日本において、公的施設の活性化や健康長寿の促進で、様々なサービスの提供実績のあるカメリア会が抜擢されました。

視察の前半はカメリア会の高橋理事と久保部長より、湖山医療福祉グループおよび、カメリア会の概要説明を行いました。

img_0692

カメリア会は地域のお客様のニーズに沿ってサービスを提供し、『自ら受けたいと思う医療と福祉の創造』の理念の実現に向けた取り組みについての説明に対しては、何度も『ナイス』との反応があり、写真を撮影していらっしゃいました。

施設の現場視察では、特別養護老人ホーム、デイサービス、ショートステイ、グループホームをご覧いただきました。

各事業所の特徴、人員配置、専門職の比率、利用料金など、様々なご質問があり、施設の責任者より一つ一つ説明を行い、御一行のメンバーは頷かれたり、終始メモを取られる姿がとても印象的でした。

また、視察後半では、高橋理事より補足資料として、『日本の高齢者を取り巻く環境』をテーマに参加者の皆様と意見交換を行いました。その中では、介護保険、社会福祉法人の運営や収支、ボランティアの活用、外国人の雇用を中心に、意見交換が行われ、会場はとても熱気に溢れ、挙手して質問を求めらる方が多く、参加者の皆様の関心高さや、積極性に感銘を受けました。

11

カメリア会は今後も、地域のお客様に選ばれる施設を目指して、介護サービスの質の向上とともに、積極的に海外からの視察を受け入れて、アジア諸国を始めとする国々の発展に少しでも貢献ができるよう尽力して参ります。

img_0694

(作成日2018.12.09 社会福祉法人カメリア会 海外事業支援担当 山本)

特別養護老人ホームカメリア「もみじ祭りを行いました!」(カメリア会)

11月26日、11月27日、12月3日の三日間に渡り、特別養護老人ホームカメリアにて【もみじ祭り】を行いました。

機能訓練指導員主導の元、紅葉狩り、ヨーヨー釣り、さかな釣り、金魚すくい、輪投げ、射的を用意し、お好きなブースを楽しんで頂きました。

1

皆様、「昔を思い出すわねぇ、懐かしいわぁ」と笑顔で楽しまれました。

金魚すくいでは、網が破れても次々に金魚をすくい「こんないらないなぁ」と言いつつもにっこりと喜ばれるご利用者様の姿もありました。おもちゃの金魚ではありますが是非可愛がっていただければと思います。

2

今月は各施設でクリスマス会の予定もございますので、そちらもご紹介して参ります。

寒い日が続きますが、皆様も健康第一でお過ごしください。

(作成日2018.12.4 社会福祉法人カメリア会 広報 木村)

特別養護老人ホームカメリア「音楽祭を開催致しました!」(カメリア会)

11月の行事ということで、昨年にも行われた音楽祭を特別養護老人ホームカメリアにて行いました!

img_0179

特別養護老人ホーム、ショートステイ、グループホームのお客様が参加され、
人気の童謡から往年の名曲まで様々な曲を用意し、音楽療法士の伴奏の元行いました。

歌が好きなお客様が多く、手元に配られた歌詞集を横目に元気な歌声が響き渡りました。

img_0286

音楽祭は行事委員が司会進行を進め、職員による歌の披露も行われました。

15

在宅サービス課係長のギター・ハーモニカ演奏と、グループホームのリーダーとのデュエットに、会場の盛り上がりは最高潮となりました。お手製のライブ風うちわを片手に、お客様からの声援が上がる場面はとても微笑ましいものとなりました。

25

また、特別養護老人ホームカメリアのお客様で編成された音楽クラブ、【カメリアクラブ】
の皆様から、第9回亀島まつりで悪天候の為、延期になっていた歌声をご披露頂きました!

もうまもなく、平成最後の秋が終わり、冬に差し掛かっています。
作品展に続き、音楽祭で“芸術の秋”を感じていただけたでしょうか?

12月にはクリスマス行事も企画しておりますので、お楽しみに!

32

(作成日2018.11.26 社会福祉法人カメリア会 広報 木村)

みさと苑ラーメン屋さん開店‼ 【苗場福祉会】

お客様にあつあつな物を食べて頂きたい‼という栄養科職員の企画により味噌ラーメン企画を開催しました。

s_1

のぼりを立てたりしてラーメン屋の雰囲気もバッチリです(^_-)-

s_2


お客様からも、「こんな寒い日はラーメンでも食べて温まりたいな~と思っていたんだ」という会話も聞こえてきました。

いつもは少食の方も「もっと食べたい」とおかわりをされていました。

s_3

お客様も美味しいと大喜びでした。

これからも美味しい企画を立てていきまーす‼

11月22日 特別養護老人ホーム みさと苑 石澤

野沢菜漬け グループホームひまわり【苗場福祉会】

冬も近づくこの時期に行われるのが、漬物づくり。かつては、長い冬の間、雪で閉ざされるこの地方の人々にとっては、貴重な保存食でした。ですから大量に漬け込みます。

中でも野沢菜は元々お隣の長野県の野沢温泉村が発祥の地ということですが、ここ津南町でもたくさん栽培、出荷されています。

まずは水洗いから。なかなか大変な作業です。

20181108_img_5773_x600

ちょっとカメラにも目線下さいな。

20181108_img_5801_x600

樽の中に重ねながら塩をふっていきます。

さすが熟練。手慣れたものです。

背景の紅葉もきれいですね。

20181108_img_5830_x600

みんなで食べるのが楽しみです。

漬け上がったらまたレポートします。

(2018年11月14日 社会福祉法人苗場福祉会

グループホームひまわり 岡村昌幸)

サンハイム荒川「デイサービス月行事~運動会~」【カメリア会】

みなさん、こんにちは!!

今回は、先月行われた『運動会』をご紹介しようと思います。

今年の運動会は、こちらのプログラムで開催しました。

CIMG6261

まずは、ラジオ体操のあと開会式を行い代表のお客様に選手宣誓をして貰いました!!

CIMG6350

そして、競技スタート☆『パン食い競争』からです!
1位50点、2位30点、3位20点、4位10点で加算されていきます。
みなさん大きな口を開けて一生懸命パンを取りました♪

CIMG6277

CIMG6364

CIMG6372

次は、『大玉転がし』です。1位100点、2位50点です。
次の人に早く早くと転がしました!職員も頑張りました☆

CIMG6288

CIMG6287

CIMG6360

一度休憩で水分補給をして競技再開!!
次は、『玉入れ』です。1位100点、2位50点です。
1日目は、職員が籠を背負っていましたが、入れにくいということで
2日目は改良し、紐で引っ張りました!みなさん沢山入れられました。

CIMG6295

CIMG6297

CIMG6301

CIMG6352

CIMG6355

お客様最後の競技は、『駄菓子入れ競争』です。駄菓子を片手で掴み、1個10点加算されていきます。
みなさん沢山駄菓子を取って点数を競いました!多い方だと23個取った方がいました!!

CIMG6313

CIMG6315

CIMG6317

CIMG6382

最後は、『職員対抗綱引き』です!職員も紅白に分かれ、勝ったほうに100点加算されます。
2日目には、他部署の職員も参加してくれ運動会を大いに盛り上げてくれました!
お客様たちも「がんばれー」と応援してくれました☆

CIMG6334

CIMG6337

CIMG6399

CIMG6401

CIMG6402

CIMG6403

CIMG6405

これですべてのプログラムを無事に終了しました。
1日目は紅組、2目は白組が優勝しました。

CIMG6339

みなさんとても楽しんでくださり、
ケガもなく無事に終わることができました☆

(作成日2018.11.9 荒川区立特別養護老人ホーム サンハイム荒川 染谷)

秋のカメリアコンサートが行われました。【カメリア会】

11月2日、秋のカメリアコンサートが特別養護老人ホームカメリア(江東区)の地域交流スペースにて行われました。

デイサービスのご利用者様のご家族様が所属されている「グルッポ・アマービレ」の皆様が演奏してくださり、デイサービスのご利用者様だけでなく、職員も一緒に楽しみました。

12

素晴らしい歌声に、自然と笑みがこぼれ手拍子をされたり、歌を一緒に口ずさむご利用者様。

img_9531

途中から、お散歩に行く際に地域交流スペースに立ち寄られた、グループホームのご利用者様も参加され、「素敵な演奏と歌が聴けてラッキーだわ♪」と、喜ばれていました。

img_9537

オペラなどの歌と合わせて、普段行っている音楽療法でおなじみの「隣組」や「ふるさと」も一緒に楽しまれ、大盛況のうちに幕を閉じました。

グルッポ・アマービレ様、ありがとうございました!

img_9561

(作成日2018.11.08 社会福祉法人カメリア会 広報 木村)

秋山郷紅葉狩りドライブ ~ グループホームひまわり【苗場福祉会】

11月1日、2日2つの班に分かれて、秘境秋山郷へ紅葉狩りドライブに出掛けました。

まさに最盛期の紅葉を楽しむことが出来ました。

見玉の石落とし。岩肌は30万年前に苗場山が爆発した時の溶岩です。

20181101_img_5508_x600

20181102_img_5594_x600

20181102_img_5596_x600

前倉橋。新潟の橋50選に選ばれています。

20181102_img_5607_x600

布岩。

20181101_img_5564_x600

高い山では雪が降っているようでした。

20181101_img_5565_x600

ブナのトンネル。

20181101_img_5571_x600

page01_x600

「夢の世界に来たみたい!」「最高ね!」という声が聞こえました。

確かに素晴らしい紅葉でした。

次は新緑の頃に来ましょうか?

(2018年11月3日 文・写真 グループホームひまわり 岡村昌幸)

ぴょんぴょんフィットネス 津南事業部【苗場福祉会】

11月2日、津南事業部衛生委員会では、メンタルヘルスケアの一環として、エリアドゥの関口陽子先生をお迎えし「津南みんなでフィットネス」を開催しました。副題は「さあ、心をピョンピョンさせるんだ!!2018」です。

img_3492_t

音楽と先生の動きに合わせて手足全身を動かします。約30分間連続で踊り、身体がぽかぽかになりました。

大きな声もたくさん出したので、ストレス発散にもなります。

img_3494

その後は、全員で入れ代わり立ち代わりペアを組んでハイタッチなどのアクションをします。

img_3502

img_3515

最後は横になって静かにストレッチを行い、心もゆったり。

img_3519

全体で約1時間のプログラムでしたが、やっぱり運動するって気持ちがいいものです。

関口先生、ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

(2018年11月3日 津南事業部 岡村昌幸)

(写真:西野施設長)

中国からの視察団の皆様がお越しくださいました。【カメリア会】

10月30日、特別養護老人ホームカメリア(江東区)に中国の生命保険会社の大企業である、人寿の皆様が視察にお越しくださいました。

今回は養老介護事業を推進されるということで、当方の施設見学と、実際にご利用者様が召し上がっている食事を形態別にご覧いただき、より介護への知識を深めることを目的としています。

食事形態については、施設の管理栄養士から詳しい説明を行いました。

img_9293

img_9319

湖山医療福祉グループの湖山代表と、高倉代表補佐にも立ち会って頂き、湖山医療福祉グループ、社会福祉法人カメリア会についての事業案内をあわせて行いました。

img_9329

天候にも恵まれたので、スカイツリーを背景に屋上での記念撮影を行いました。

img_9334

グループホーム、特別養護老人ホーム、ショートステイ、デイサービスをご覧いただき、高橋事業部長より事業所ごとの違いや仕組みをご案内致しました。

グループホームには、フィリピン出身の職員がいます。日本語を勉強し、介護福祉士を取得、なくてはならない存在の一人として視察団の皆様にご紹介致しました。

img_9342

見学終了後には、とても縁起が良いと言われる伝統的な民芸品を頂きました。

img_9363

特別養護老人ホームカメリアの地域交流スペースには、中国をはじめ、ベトナムや、台湾など海外からの視察団の皆様に頂いたものが多数展示しております。日本は超高齢化社会として、高齢者施設が多数点在する中で、海外からの視察団の皆様に当施設を選んでいただき、とても光栄です。

今後もご利用者様はもちろんですが、ご利用者様のご家族様や、地域の皆様、職員に愛される施設を目指し、社会福祉への更なる貢献を目指す所存です。

(作成日2018.11.1 社会福祉法人カメリア会 広報 木村)

上郷保育園の子供たちが来てくれました ~ グループホームひまわり【苗場福祉会】

本日、上郷保育園の子供たちが遊びに来てくれました。

ダンス「U.S.A.」を踊ってくれたり、みんなで「どんぐりころころ」や「森のくまさん」を歌ったりしました。

20181031_img_5326_x600

20181031_img_5353_x600

一緒に手遊びをしたり、簡単なゲームをしてみんなでスキンシップ。

お客様ももう可愛くて仕方がないといったご様子です。

見てください!この満面の笑顔、笑顔、笑顔!。

page02_1

page02_2

…楽しい時間は、あっという間に過ぎるもの。

子供たちが帰るときには、全員でお見送りをしました。

20181031_img_5498_x600

また来てね!

20181031_img_5502_x600

上郷保育園の園長先生はじめ職員のみなさま、ありがとうございました。

是非ともまたおいでください。一同楽しみにお待ちしております。

(2018年10月31日 社会福祉法人苗場福祉会

グループホームひまわり 岡村昌幸)

食欲の秋 柿 ~ グループホームひまわり【苗場福祉会】

いろいろな実が成り、美味しいものがいっぱいの季節ですね。中でもお年を召した方は柿が大好き! 昔はこれが何よりのご馳走だったのでしょうね。

みんなで干し柿を作りました。出来上がりが楽しみです! page01 また、ある日には渋抜きをした柿をみんなで皮むきして食べました。 甘くて美味しい、この時期だけのご馳走です。 page02

(2018年10月28日 社会福祉法人苗場福祉会

グループホームひまわり 岡村昌幸)

スポーツの秋 ミニ運動会 ~ グループホームひまわり【苗場福祉会】

10月23日グループホームひまわりでは、ミニ運動会を開催いたしました。

紅白の組に分かれ、選手宣誓からスタートして、玉送り、玉入れ、輪投げなどの競技も盛りだくさんです。

20181023_img_4843_t_x600

中でも一番盛り上がったのが、パン喰い競争でした。皆様パンをくわえようと一所懸命ですが、ゆらゆらと揺れてこれが結構難しい!

そして上手くくわえたときの表情が素敵!嬉しそうだったり、満足そうだったり、得意そうだったりと、とても豊かな表情を見せてくださいました。

page01_x600

次はどんな楽しいことをしましょうか?

(2018年10月28日 社会福祉法人苗場福祉会

グループホームひまわり 岡村昌幸)

江東区民まつりに参加致しました。【カメリア会】

10月21日、第36回江東区民まつりに、ボランティアとして参加しました。

e6b19fe69db1e58cbae6b091e7a5ade3828a

当日は秋晴れの空が広がり、沢山の方が来場されました。江東区最大級の野外イベントで、会場内では民俗芸能大会や、歌謡ショー、戦隊ヒーローステージなど模擬店以外にも催し物が行われ、40万人以上の方が来場されます。

18

カメリア会は、木場公園の北側、多目的広場ゴミステーションにてゴミの分別ボランティアを行いました。カメリア会のTシャツを着用し、活動を行いましたので、気づいて声をかけてくださる方もいらっしゃいました。

江東区以外からも、他の区からいらっしゃている方、物産展や、模擬店を出店されている方から「何をしている法人なの?」と声をかけていただき、ボランティア活動を通してカメリア会の周知もして頂けました。

25

カメリア会では、特別養護老人ホーム、介護保険施設キーストーン、宮元町会、天神町会の合同で開催される【亀島まつり】や、特別養護老人ホームカメリアの地域交流スペースを活用したイベントなどがありますが、今日のボランティア活動を今後の取り組みの参考に活かして参りたいと思います。

(作成日2018.10.25 社会福祉法人カメリア会 広報 木村)

家族報告会が行われました。【カメリア会】

10月20日、特別養護老人ホーム、ショートステイ、グループホーム、デイサービスのご家族様への家族報告会が行われ、約30名のご家族様がお越しくださいました。
img_8743

img_8786

第一部では、事業報告を各部署の責任者からお伝えし、質疑応答を行いました。 第二部では、特別養護老人ホーム、ショートステイとデイサービスに分かれ、特別養護老人ホームの各ユニットのリーダーも参加し、ご家族様との意見交換会が執り行われました。

img_8839

ご家族様の意見おひとつおひとつに耳を傾けながら、お褒めの言葉、ご要望など伺いました。 日々のご利用者様のケアだけでなく、ご家族様のご意見や、気づいたことなども積極的に伺い、真摯に受け止め、より良いサービスの提供を実現して参ります。

(作成日2018.10.25 社会福祉法人カメリア会 広報 木村)

満員御礼!!  今年も港区民向け勉強会を開催しました!!

e6a8aae696ade5b995210月22日(月)午後1時 神明いきいきプラザ6階体育館にて多くの方々のご来場のもと、「平成30年度 港区民向け勉強会 老いと共に生きる、病と共に生きる、そして迎える最後の瞬間」を開催させていただきました。ご来場くださいました多数の皆々様まことにありがとうございました。

今年もたいへん著名な3人の方をお招きし人間の宿命である「生老病死」をもとにしたテーマについて講演、そして最後のコーナーでは鼎談を行っていただきました。

はじめに湖山医療福祉グループ 湖山泰成代表からのご挨拶です。

e4bba3e8a1a8

②ひとつめのコーナーでは、どなたもご存じの日本を代表する詩人の谷川俊太郎様と、百葉の会の人材開発室部長の高口光子講師による「老いの身に付けかた」というテーマで対談です。今回、谷川様が自ら詩を朗読され「老い」「死」についてご自身のお考えを述べられるという貴重な機会をいただきました。

e8b0b7e5b79de6a798e9ab98e58fa3e6a798

③続いて、やはりみなさんご存じの鳥越俊太郎様による「がんと共に生きる」をテーマにご講話を賜りました。度々の自らの癌の体験から健康・癌そして命について、詳しくお話をしてくださいました。特に女性の方へ、羞恥心を取り払い大腸がんの検査を受けるようにとアドバイスもありました。

e9b3a5e8b68ae6a798

④ここで休憩時間です。今年も休憩時間に「みんなといきいき体操」の実演をさせていただきました。休憩中にもかかわらずご参加いただいた皆様ありがとうございました。(ステージ上はいきいきプラザの原さん、松原さん、松本さんです)

e4bd93e6938d

⑤次のコーナーでは、高口講師による講演です。テーマは「老いと死を見届ける」です。

高口講師は施設職員の立場から「老い」「死」への思いを皆様へお伝えしました。
写真のスライドの内容は、施設に入所・入居されるときに施設からご家族様へ確認・ご了解いただくポイントです。

e9ab98e58fa3e8ac9be5b8ab

⑥そして、いよいよ最後のコーナーの谷川様、鳥越様、高口講師による鼎談です。

テーマは「老と病を生きぬくために」についてです。登壇者の方々からは、「家族には迷惑をかけたくない。介護されることなくピンコロと逝きたい。」「妻に先立たれるのが怖い。残されたらシュンとしちゃうよ」とのご意見で共通していたのは「死は怖いものではない」ということでした。
自宅と病院・施設….最後をどこで迎えるか。統計的には、自宅で最期を迎えたいという希望を半分の方がもっていますが、実際には家族であるが故に、変わりゆく本人のあるがままを受け入れられない状況等から、80%の方々が病院・施設で亡くなっていくという現実があるようです。

みなさんは、死そのものについて、あるいはどこで死を迎えるかについてどのようにおかんがえでしょうか?

e9bc8ee8ab87

【カメリア会】日本工学院専門学校ミュージックカレッジの皆様のスペシャルライブが開催されました!

10月14日(日)、渋谷区つばめの里・本町東 多目的室にて日本工学院専門学校ミュージックカレッジの皆様のスペシャルライブが開催されました。

img_2598

多目的ホールには、渋谷区つばめの里・本町東のご利用者様が集合し、スペシャルライブを楽しまれました。

1-tile

「どんな曲が聴けるのかしら」
と、ドキドキしながら開幕の時間をお待ちになるご利用者様。

職員の司会進行に合わせて、往年のヒットソングが披露されました。

「チェリー」や、「真赤な太陽」、「上を向いて歩こう」などアップテンポで思わず手拍子をしてしまうものばかりです。とくに、アンコールでも披露して頂いた「川の流れのように」は口ずさんで一緒に歌われる方がたくさんいらっしゃいました。

最後には、湖山医療福祉グループの高倉代表補佐と、日本工学院専門学校の皆様と記念写真を撮影しました!

img_8636

渋谷区つばめの里・本町東では、本日の会場となった多目的室にて数々のイベントが催されます。広さを活かしたイベントを今後もレポート致しますので、是非ご覧ください。

(作成日2018.10.15 社会福祉法人カメリア会 広報担当 木村)

【医療法人社団緑愛会】かがやきの丘 <きらきらカフェ> ばあばは、だいじょうぶ

11

夏の日の楽しさが名残惜しく感じられる
秋の午後。
みなさま いかがお過ごしでしょうか。

今月も開催されました「介護老人保健施設かがやきの丘」と「グループホーム新緑の丘」
共同開催の認知症カフェ【きらきらカフェ】
毎回たくさんの方にお越しいただき、
大変ありがとうございます。

毎月開催しているこのカフェのために、
なんと、新緑の丘ご利用者様がカフェエプロンに飾りを縫い付けてくださいました。
ありがとうございます ヾ(*´∀`*)ノ

さて、今回のカフェの内容は絵本の朗読です。

まずは織り込まれたお手紙のような紙が配布されました。なんでしょうか。

絵本を朗読するのは「デイサービスセンターかがやき」の粟野管理者です。


『ばあばは、だいじょうぶ』
楠 章子 作/いしい つとむ 絵(出版社:童心社)

認知症により変わっていく祖母を孫の目線から見たお話です。

――ばあばは「忘れてしまう病気」なんだ・・・。

聞いている人は、この絵本を通じて身近な人や自身の経験を思い出し、どんどん感情移入していきます。
みなさん、思わず目がウルウルに。

冬の寒い日にばあばがいなくなってしまうという 物語も最高潮に来た時、
ここで最初に配布されたお手紙をオープン!

そこには、ばあばが忘れないように書き溜めたメモが・・・!

(↑お手紙の内容は絵本の一部をコピーしたものでした)

今は認知症が広く知られ、だれでもなってしまう病気と理解されてきています。
われわれスタッフも絵本を通じて、心に寄り添うケアをすることを改めて誓いました。

* * * * * *

認知症について再認識したところでおやつタイムにしましょう。
今日のおやつは、老健かがやきの丘の栄養科特製『がんづき』(蒸しパン)です。
しっとりモチモチで美味しかったです。

お客様が談笑しているところに混ぜてもらったところ、常連さんは毎月このカフェを楽しみにしてくださっていることをお話ししてくださり、とてもうれしかったです。

最後は、いつものように体操をして本日のカフェはクローズしました。

来月の開催は

・11月 7日(水)きらきらカフェ(新緑の丘) のほか、
・11月17日(土)個別相談会(かがやきの丘) も行います。

ぜひ、いらしてください。

(2018年10月12日 医療法人社団緑愛会 介護老人保健施設かがやきの丘 高橋)

【カメリア会】KOYAMAフレッシャーズ2018参加報告

10月9日、10日の2日間にわたり、湖山医療福祉グループの新入職員全員が
参加する合同研修、KOYAMAフレッシャーズフェス2018が開催されました。

今年は社会福祉法人カメリア会と医療法人社団湖聖会(東京) との合同発表で、
特別養護老人ホームカメリアや介護老人保健施設キーストーン、なりひらホーム、
サンハイム荒川から見えるスカイツリーの公式キャラクターである、「ソラカラちゃん」
にちなんで、恒例の「ソラカラちゃんダンス!」を披露させていただきました。

合同練習する機会があまりなく、全員でのダンスは当日を含め、
2日のみでしたが、無事に発表を終えることができました。

その後の懇親会では、グループの新入職員約300名と、合同入職式ぶりの再会を喜び、
近況報告などをして新たな目標の共有や、絆を深めました。

1

二日目には、接遇を学ぶため、東京ディズニーランドでの研修が行われました。

今年のカメリア会の新入職員は12名ですが、ソラカラちゃんダンスを踊った
キーストーンの新入職員2名も一緒に園内を回わることになりました。

あらかじめお揃いで、蝶ネクタイをつけて仮装しようと準備をしていましたが、一緒に
回ることになったキーストーンの2名に同じ蝶ネクタイをプレゼントする場面が見られました。

普段は別の施設で働いていますが、こういった小さな気配りがとても大切だと感じます。

ディズニーランドで働く職員の皆様も、湖山医療福祉グループの職員行動指針である
「こまやかな気配り、やさしい笑顔、まごころ込めたお付き合い」を見事に体現されていました。

今回の接遇研修での【お客様に満足していただき、さらに感動を与える技術】を目の当たりにし、
多くのことを発見することで、「ご利用者様にとって、感動できることってなんだろう」と
日々の業務で置き換えて考えることが、サービスの質の更なる向上に活かせることを期待しています。

2

(作成日2018.10.11 社会福祉法人カメリア会 広報 木村)