banner
湖山医療福祉グループ

rss
ginza_premium
銀座ミツバチ

東日本大震災 支援ボランティアレポート
Hello Dream ハロードリーム -こどもの夢を育む社会になる
(C)1976,2010 SANRIO CO.,LTD.
APPROVAL NO. S504302
fwablogo

【カメリア会】日本工学院専門学校ミュージックカレッジの皆様のスペシャルライブが開催されました!

10月14日(日)、渋谷区つばめの里・本町東 多目的室にて日本工学院専門学校ミュージックカレッジの皆様のスペシャルライブが開催されました。

img_2598

多目的ホールには、渋谷区つばめの里・本町東のご利用者様が集合し、スペシャルライブを楽しまれました。

1-tile

「どんな曲が聴けるのかしら」
と、ドキドキしながら開幕の時間をお待ちになるご利用者様。

職員の司会進行に合わせて、往年のヒットソングが披露されました。

「チェリー」や、「真赤な太陽」、「上を向いて歩こう」などアップテンポで思わず手拍子をしてしまうものばかりです。とくに、アンコールでも披露して頂いた「川の流れのように」は口ずさんで一緒に歌われる方がたくさんいらっしゃいました。

最後には、湖山医療福祉グループの高倉代表補佐と、日本工学院専門学校の皆様と記念写真を撮影しました!

img_8636

渋谷区つばめの里・本町東では、本日の会場となった多目的室にて数々のイベントが催されます。広さを活かしたイベントを今後もレポート致しますので、是非ご覧ください。

(作成日2018.10.15 社会福祉法人カメリア会 広報担当 木村)

【医療法人社団緑愛会】かがやきの丘 <きらきらカフェ> ばあばは、だいじょうぶ

11

夏の日の楽しさが名残惜しく感じられる
秋の午後。
みなさま いかがお過ごしでしょうか。

今月も開催されました「介護老人保健施設かがやきの丘」と「グループホーム新緑の丘」
共同開催の認知症カフェ【きらきらカフェ】
毎回たくさんの方にお越しいただき、
大変ありがとうございます。

毎月開催しているこのカフェのために、
なんと、新緑の丘ご利用者様がカフェエプロンに飾りを縫い付けてくださいました。
ありがとうございます ヾ(*´∀`*)ノ

さて、今回のカフェの内容は絵本の朗読です。

まずは織り込まれたお手紙のような紙が配布されました。なんでしょうか。

絵本を朗読するのは「デイサービスセンターかがやき」の粟野管理者です。


『ばあばは、だいじょうぶ』
楠 章子 作/いしい つとむ 絵(出版社:童心社)

認知症により変わっていく祖母を孫の目線から見たお話です。

――ばあばは「忘れてしまう病気」なんだ・・・。

聞いている人は、この絵本を通じて身近な人や自身の経験を思い出し、どんどん感情移入していきます。
みなさん、思わず目がウルウルに。

冬の寒い日にばあばがいなくなってしまうという 物語も最高潮に来た時、
ここで最初に配布されたお手紙をオープン!

そこには、ばあばが忘れないように書き溜めたメモが・・・!

(↑お手紙の内容は絵本の一部をコピーしたものでした)

今は認知症が広く知られ、だれでもなってしまう病気と理解されてきています。
われわれスタッフも絵本を通じて、心に寄り添うケアをすることを改めて誓いました。

* * * * * *

認知症について再認識したところでおやつタイムにしましょう。
今日のおやつは、老健かがやきの丘の栄養科特製『がんづき』(蒸しパン)です。
しっとりモチモチで美味しかったです。

お客様が談笑しているところに混ぜてもらったところ、常連さんは毎月このカフェを楽しみにしてくださっていることをお話ししてくださり、とてもうれしかったです。

最後は、いつものように体操をして本日のカフェはクローズしました。

来月の開催は

・11月 7日(水)きらきらカフェ(新緑の丘) のほか、
・11月17日(土)個別相談会(かがやきの丘) も行います。

ぜひ、いらしてください。

(2018年10月12日 医療法人社団緑愛会 介護老人保健施設かがやきの丘 高橋)

【カメリア会】KOYAMAフレッシャーズ2018参加報告

10月9日、10日の2日間にわたり、湖山医療福祉グループの新入職員全員が
参加する合同研修、KOYAMAフレッシャーズフェス2018が開催されました。

今年は社会福祉法人カメリア会と医療法人社団湖聖会(東京) との合同発表で、
特別養護老人ホームカメリアや介護老人保健施設キーストーン、なりひらホーム、
サンハイム荒川から見えるスカイツリーの公式キャラクターである、「ソラカラちゃん」
にちなんで、恒例の「ソラカラちゃんダンス!」を披露させていただきました。

合同練習する機会があまりなく、全員でのダンスは当日を含め、
2日のみでしたが、無事に発表を終えることができました。

その後の懇親会では、グループの新入職員約300名と、合同入職式ぶりの再会を喜び、
近況報告などをして新たな目標の共有や、絆を深めました。

1

二日目には、接遇を学ぶため、東京ディズニーランドでの研修が行われました。

今年のカメリア会の新入職員は12名ですが、ソラカラちゃんダンスを踊った
キーストーンの新入職員2名も一緒に園内を回わることになりました。

あらかじめお揃いで、蝶ネクタイをつけて仮装しようと準備をしていましたが、一緒に
回ることになったキーストーンの2名に同じ蝶ネクタイをプレゼントする場面が見られました。

普段は別の施設で働いていますが、こういった小さな気配りがとても大切だと感じます。

ディズニーランドで働く職員の皆様も、湖山医療福祉グループの職員行動指針である
「こまやかな気配り、やさしい笑顔、まごころ込めたお付き合い」を見事に体現されていました。

今回の接遇研修での【お客様に満足していただき、さらに感動を与える技術】を目の当たりにし、
多くのことを発見することで、「ご利用者様にとって、感動できることってなんだろう」と
日々の業務で置き換えて考えることが、サービスの質の更なる向上に活かせることを期待しています。

2

(作成日2018.10.11 社会福祉法人カメリア会 広報 木村)

【カメリア会】平成30年度 内定式報告

10月1日(月)、渋谷区つばめの里・本町東にて内定式が執り行われました。

台風24号が日本列島に上陸し、猛威を振るいましたが、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。

内定式におきましては一時開催が危ぶまれましたが、当日は台風一過ということもあり、
晴れ晴れしい秋空が広がり、開催の運びとなりました。

今回は社会福祉法人カメリア会、医療法人社団湖聖会(東京) 介護老人保健施設キーストーン、
医療特定非営利活動法人 ヘルスケア・デザイン・ネットワークの3法人合同で行われました。

img_6765

img_6780

img_6798

天候の影響により交通機関の乱れや、学業の為参加ができなかった内定者の方もいらっしゃいましたが
カメリア会から6名、キーストーンから2名、ヘルスケア・デザイン・ネットワークから1名が参加され、
湖山医療福祉グループの湖山代表から内定証書を授与されました。

e58685e5ae9ae8a8bc

緊張な面持ちで、内定者1人1人から自己紹介が行われ、ご参加いただいた
出席者一同より、暖かいエールともいえる、大きな拍手が送られました。

e887aae5b7b1e7b4b9e4bb8b

内定式終了後には、記念写真を撮影し、懇親会が行われました。
緊張が解けたのか、内定者の皆様もリラックスした顔で参加し
内定式出席者の湖山代表や、施設長との会話を楽しまれていました。

カメリア会の新たなメンバーとして、カメリア会を担い、切磋琢磨しながらより成長し続けていただきたいと思います。

img_6936

img_6939

img_6956

img_6932

(作成日2018.10.2 社会福祉法人カメリア会 広報担当 木村)

【カメリア会】中国広東省仙尾市の視察団が来訪されました。

9月21日(金)、中国広東省汕尾市より、5名の方が特別養護老人ホームカメリア(江東区)に来訪されました。

今回の来訪は、養老事業を中国で推進するため、当方の施設見学と、
給食を召し上がっていただき、より高齢者介護への知識を深めることを目的としています。

久保部長より歓迎の挨拶のあと、日本の高齢化の現状、湖山医療福祉グループ
および、カメリア会の事業説明を中国語の資料を使いながら行いました。

img_6056

img_6067

説明会後は、あいにく天気は雨だったため、予定していた屋上での記念撮影は中止し、館内にて集合写真を撮影しました。

img_6073

撮影後は実際に、特別養護老人ホーム、グループホーム、ショートステイ、
デイサービスをご見学いただき、その都度視察団の皆様から、質問が飛び交いました。

img_6079

img_6099

img_6128

寝台浴を合わせてご覧頂いた際には、写真や動画を撮影をされ、 興味津々なご様子でした。

img_6114

質問のなかには、
「ベット代はいくらなのか」
「グループホームのご利用者様にはどんな支援が必要なのか」
「ショートステイはどんなニーズがあるのか」
「デイサービスの一日の利用時間は何時間か」
等があげられました。

施設見学後は、極キザミ食・キザミ食・ペースト食・ソフト食を見比べていただき、
実際にご利用者様に提供している給食をお召し上がりいただきました。

img_6158

img_6162

img_6173

img_6187

最後には、食へのこだわりや、きめ細やかさ、食形態の多さにお褒めの言葉を頂きました。

日本は諸外国に例をみないスピードで高齢化が進行していますが、中国でも高齢化の進行が
起こっており、65歳以上の人口割合が2026年には【14%】になると言われています。
日本の高齢者人口の5倍以上の2億人超となる見通しです。

これまでにも国際文化交流として、様々な国の方や機関の皆様にご見学頂いておりますが、
今後も満足度の高いサービスの提供を充実させ、個に寄り添うケアを行い、お客様主体の
ホスピタリティを諸外国に誇れるグループの一員として成長を続けて参りたいと思います。

img_6208

(作成日2018.9.25 社会福祉法人カメリア会 広報担当 木村)