banner
湖山医療福祉グループ

rss
ginza_premium
銀座ミツバチ

東日本大震災 支援ボランティアレポート
Hello Dream ハロードリーム -こどもの夢を育む社会になる
(C)1976,2010 SANRIO CO.,LTD.
APPROVAL NO. S504302
fwablogo
kenkoeki1

高口光子×YMCA健康福祉専門学校 特別講演 (社会福祉法人草加福祉会)

2017/5/25

昨日5/24はYMCA健康福祉専門学校から、介護福祉科で学ばれている1年生と先生にマナーハウス麻溝台にお越し頂き、マナーハウス麻溝台のプロデューサーでもあり、全国的にも著名な高口光子部長に特別講演して頂きました。

きっかけは、採用担当として学校へのアポイントを取った後、すぐに折り返しご連絡を頂いた先生とのやりとりでした。

「1年生に介護とはどういうものなのか、実際オープンしているマナーハウス麻溝台に見学をさせてもらえないでしょうか」

岡林なりに考え、ちょうど目の前に高口部長がいたため「これから介護を担う方により介護の大切なことを知ってもらいたい」という想いから、高口部長も快く引き受けて下さり実現した特別講演でした。

介護の基本、3大ケア食事・排泄・入浴の大切さを伝え、実際の体験談や、お年寄りとのエピソードなど様々に渡る講演内容。

img_0055


マナーハウス麻溝台で、開設後たったの1週間という短い期間のお付き合いだった一人のお年寄りの話もされました。

一日一日が感動のエピソード、ご家族も職員もその方の一日一日をとても大切にしました。

病院では口から食べることはできなかった、好物のあんこをSTの評価、栄養士がその方のためだけに作りおいしく食べてもらったこと。

機械浴でない、檜の普通のお風呂に入って、ほんとうに気持ちいいと喜んでくれたこと。

夕方、最後の桜を見るためにご家族、看護師、相談員、ケアマネ、介護でみんなで桜を見に行ったこと。

最後に気持ちいいといってくれた普通のお風呂に入れたこと。

高口部長が話しながら、学生の方も後ろで聞いていた相談員も号泣していました。

講演が終わり、司会進行役の岡林もその方との想い出がたくさんでて来て、まさかの号泣する事態になったのはここだけの話です。

そのお年寄りには、とても大切なことを教えてもらいました。そしてこれからもマナーハウス麻溝台として、一人のお年寄りを大切にする個別ケアを実現していき、またこれから介護の未来を支える方たちにも、大切なことがしっかり伝えていけるようにと強く想った講演でした。

高口部長も、これから介護を志す方たちにこのような機会を大切にしていきたいといってくれました。

今回に限らず、高校・専門学校・大学など、スケジュールは多忙な高口部長ではありますが、特別講演という形で今後も実施していきたいと考えています。

なにかありましたら、マナーハウス麻溝台 岡林までご連絡ください。

img_0063

YMCA健康福祉専門学校の生徒様が、この講演を聞いて「ほんとうの介護」を模索しながら勉強に励み、介護福祉士として活躍される日を心から応援しています!

マナーハウス麻溝台 岡林

銀座・統括本部にて「首都圏相談員部会」が開催されました!

5月19日、銀座メディカルビル9階スタジオにて、首都圏法人の相談員の連絡部会である「首都圏相談員部会」が開催されました。

img_00541

首都圏相談員部会は、首都圏での柔軟なサービス展開を行うための事業の一環として行われるものであり、部会を通して相談員の連携の強化し、相互のスキルアップおよび相談員同士のネットワークを構築することを主な目的としています。

今年度より新たに設置された首都圏相談窓口と合わせ、各施設の横断的な連携を実現することにより、多様化しつつある介護ニーズに対して柔軟な対応ができるよう、事業を進めております。

img_0050

また、今回の部会には高倉代表補佐も出席され、変化する介護ニーズに合わせたサービスの提供の必要性等についてお話を頂きました。

img_00431

部会では進捗報告も行われ、出席した相談員の方々は互いに刺激を受け、活発な意見交換が行われる有意義な場となりました。

2017年5月23日 統括本部 山羽 晋作)

第2回 マナーハウス麻溝台 全体会議  (社会福祉法人草加福祉会)

H29.5.22

本日はマナーハウス麻溝台2回目となる全体会議が行われました。

今回も大勢の職員で各部門の報告や、今後の流れ、抱えている悩みや問題点等みんなで話し合いました。

img_0034

高口部長の進行のもと、仕組みを改めて見直していくこと、介護士の負担が増えないよう各部署との中継役もこなされていました。

4月1日にオープンしたマナーハウス麻溝台!

一日一日がとても貴重で皆が確実に成長している様子がうかがえます。

マナーハウス麻溝台

個別ケアの集大成を目指すためにこれからも進んでいきます!

マナーハウス麻溝台 岡林

機械浴でない普通のお風呂に入ること 【社会福祉法人 草加福祉会】

2017年5月14日

こんばんは。マナーハウス麻溝台のコンセプトでもある、「重度の方でも最後まで普通のお風呂に入ることができる」介護技術。

普通のお風呂に入れて差し上げたいという強い気持ち。

機械浴に頼らず、普通のお風呂に入ることで「やっぱりこれが風呂だよな」と「気持ちいい」の入居者様からの声を、この1ヶ月半多く頂いています。

そんな中今日はあるご入居者様とご家族様、そしてリハビリ、介護スタッフのエピソードをご紹介したいと思います。

この入居者様は麻溝台に来るまでは他の施設で生活されており、ずっと機械浴に入っていました。

入浴をとても大事にしているリハビリスタッフと介護士が一緒に機能評価をした上で個浴(一般浴)に入りました。

最初の入浴で「15年ぶりにお風呂に入った」と泣いて喜んで下さいました。

もちろん他施設では機械浴に入っていたのですが、その方からすると機械浴はお風呂という認識とは違うようでした。

何回か入浴介助を経て、リハビリスタッフに入居者様が話されました。

「昔、今の状態になって家で娘に見てもらっていたときは、2階にお風呂があって娘の旦那さんがおんぶをしてお風呂に連れて行ってくれた。

娘が支えながらシャワーをあててくれた。娘が今のこのお風呂に入っているのを見たら驚くだろうなぁ」

ご入居者様にとってのお風呂は、昔から思い出があるようでした。

面会で来られた娘さんに「私、今ここで風呂入っているんだよ」と自慢げに話している入居者様。

職員はその瞬間を見逃すことなく、娘さんにアプローチをします。

「ご都合のいい日に合わせますので、一緒に入浴しているところを見てもらえませんか」

後日、日を設定し一緒に入浴しているところを見てもらい、かけ湯もして頂きました。

dscn0018

みんながとっても温かくなりました。

マナーハウス麻溝台は、日常生活を通して一人ひとりのケアを真剣に考えています。

「介護」のイメージが世間では非常に厳しくなっていますが、「一人と真剣に向き合って行う介護」決して悪いものではないです。

むしろこの「介護の素晴らしさ」が多くの人に広まっていくように、たくさんのエピソードをお伝えしていきたいと思います。

マナーハウス麻溝台 管理課採用担当 岡林

マナーハウス麻溝台 全体会議 (社会福祉法人草加福祉会)

昨日はマナーハウス麻溝台の記念すべき第1回目の全体会議が行われました。
p1010265

全体会議はおそらく最初で最後の13時から22時までの会議になりました。
開設後24日経過し、皆がそれぞれ思うことや、悩むこと、ケアの方向性、今後の施設の動き方などをとことん話し合いました。
高口部長より、
「グループワークで皆があげた内容が、3年、5年、10年の施設でも同じ内容が出てくる。マナーハウス麻溝台はたったの24日でそこまでたどり着いた。これはすごいことです。」と話してくださいました。
p10103321

花城施設長と高口部長との間では、
「開設24日ではまだなにがなんだかわからない」
という声が続出しグループワークにならないのではと懸念していたようですが、そんな心配も全くいらず、たくさんの意見がでていました。
さらに高口部長より、
「開設24日でグループワークででた内容は、3年、5年、10年の施設でも同じ。言い換えたら、この24日間で出た内容を、どうしていくかを真剣に考えていかないと、3年、5年、10年たっても解決されない。」
「マナーハウス麻溝台に集まった職員はこれを変えていかないと、いままでの施設と一緒になる。あとは皆さんしだいです。やりたい介護をやりましょう。」
と激励をいただきました。
またマナーハウス麻溝台の土台がさらに強固になったと思います。
これから頑張っていきましょう!

p1010285

平成29年4月25日
マナーハウス麻溝台
管理課採用担当 岡林明宏

湖山医療福祉グループ29年度入職式       (社会福祉法人草加福祉会)

2017/4/17
湖山医療福祉グループ29年度入職式が品川プリンスホテル ステラボールで開催されました。

新入職の皆様!ご入職おめでとうございます!

p1000808

湖山代表からの想いがたくさんつまった手で、がっちり新入職員と握手を交わしています。

社会福祉法人 草加福祉会 マナーハウス麻溝台の大切な新入職員の仲間です!
p1000840

若さと元気で一緒にマナーハウス麻溝台を盛り上げていきましょう!

夜は会場をアパホテル東京幕張ベイに移動し、懇親会が行われました。
さっそく同じ湖山医療福祉グループとして連携を図れていますね。
p1000865

また昨日は湖山代表のお誕生日ということで職員からお祝いをさせていただきました。
p1000967

湖山代表おめでとうございます。

明日も研修を迎えますが、一期一会、これだけの同期で会える機会を大切にし有意義な時間にしたいと思います。

マナーハウス麻溝台 管理部採用担当 岡林明宏

ももはカフェOpen!! 『ストレス解消ヨガ』  <医療法人財団百葉の会>

晴天に恵まれた325日、百葉メディカルケアセンターでももはcaféが開催されました。

今回は看護師3名が講師となり『ストレス解消ヨガ』が行われ、


女性を中心に15名のお知り合いや親子での参加をいただきました。

dscn2

看護師から生活やストレス、認知症についての講座が行われ、ストレス解消と

予防のためのヨガ体験が開催されました。

ヨガ初心者の方が多く、講師の動きを真似しながらわきあいあいと行われ、

皆さんで笑いながら心地の良い汗をかきながらの楽しいヨガとなりました。


dscn5

笑いながらも初めてのことにいい汗をかいた後は、栄養科による恒例のcaféタイム


dscn4

今回は、桜の葉の香りのするふっくらとしたシフォンケーキ、牛乳からつくったゼリー、

紅茶をおだしし、百葉メディカルケアセンターエントランスにて皆さんで楽しく

お話をして過ごされました。


次回は422日『家でもできる腰痛予防』となります。今年度も継続して

ももはcaféを行っていきますので、皆様のお越しをお待ちしています。

2017330ももはクリニック石坂 森下 耕一郎

震災から5年…【社会福祉法人苗場福祉会】

東日本大震災の翌日、2011年3月12日午前3時59分、新潟長野県境を中心としたM6.7の地震が起きました。

長野県栄村で震度6強、津南町で震度6弱でした。…あれから5年。

長野県北部での被害が大きかったため、長野県北部地震と呼ばれることが多いのですが、震源地は新潟県津南町。みさと苑から3㎞程の距離となります。

津南町や十日町市でも大きな被害が出ました。

前日に起きた東日本大震災の陰に隠れ、あまり報道されなかったため、よくご存じない方も多いようです。

当時の苗場福祉会の広報紙「広報みさと」で震災時の様子などを特集していますので、よろしければご覧ください。

建物が被災して使えなくなったみさと苑は、5月20日まで復旧に2か月以上かかりました。

当時、湖山医療福祉グループの皆様始め近隣施設の皆様やたくさんのボランティアの皆様に支えられたことを思い起こします。

広報みさと201105_1(P1-5)

広報みさと201105_2(P6-8)

20110313_103619_dscf8781_r

(2016年3月11日 社会福祉法人苗場福祉会  岡村昌幸)

今年の雪景色~介護老人保健施設みさと苑【苗場福祉会】

この冬は思いもかけぬ小雪です。現在でも1m弱しか積雪がありません。

今日現在で役場72cm(昨年244cm)だということです。

雪が積もらないと生活には楽ですが、元々豪雪を前提に町が作られていますので、逆に除雪隊の仕事がないとか、除雪機の稼働がないから石油が売れないとか、経済が回らないというような影響も出て来ています。また、雪は自然のダムですので、夏の渇水が心配だとか、いろいろ影響があるようです。

今年は前夜に軽く雪が積もり、翌朝はきれいに晴れ渡るという日が何度もありました。そんな日は空気がキーンと冷え込み、木々も雪の花を咲かせたように輝きます。今朝もきれいに晴れました。

これらの写真はそんな日の景色を撮りためたものです。いずれも新潟県津南町内の景色です。

(津南町は日本ジオパークに認定されています。

写真は象徴的な柱状節理。溶岩が結晶化し崖になっています。)

20160108_102308_img_4821_x600

(中津川のダム)

20160108_113839_img_4876_x600

(夏には田園風景が広がる)

20160212_082646_img_5731_t_x600

(みさと苑玄関前 信濃川)

20160216_075856_img_5734_x600

(みさと苑玄関前 信濃川)

20160216_080122_img_5738_x600

(みさと苑付近の山)

20160216_080131_img_5739_x600

(自然のクリスマスツリー?)

20160216_080139_img_5740_x600

(木々は花を咲かせたよう)

20160216_080148_img_5741_x600

(日光を浴び少しずつ溶け落ちる雪)

20160216_080317_img_5744_x600

(日差しを浴びると木々の花は輝きを増す)

20160216_080427_img_5746_x600

まだ時折雪が舞いますが、小鳥のさえずりも山に響くようになり、日々、春の足音が大きくなるのを感じています。

◆撮影日:2016年1月~2月

◆撮影地:新潟県津南町

◆撮影者:岡村昌幸

(2016年2月26日 苗場福祉会 介護老人保健施設みさと苑  岡村昌幸)






富士山女子駅伝を応援します【医療法人財団百葉の会 百葉メディカルケアセンター】

先日、納会を終えた百葉メディカルケアセンターですが・・・。アルク富士、リライフ富士は休まず

365日営業しております。

クリニックは年明け1月4日(月)から営業となりますのでお間違えのないように宜しくお願い致します。

さて、明日ですが富士市民にとっては一大イベントである(??)富士山女子駅伝が行なわれます。

大渕街道沿いに位置する百葉メディカルケアセンターは、駅伝のコースが目の前!!

明日は、入居の方と通所の方と一緒に応援をする予定になっています。

明日の応援のためにお客様と職員が頑張って、こんな素敵な横断幕を作ってくれました。

百葉メディカルケアセンターは富士山女子駅伝を応援します!!!

              百葉メディカルケアセンター  リライフ富士 施設長 澤田 和也

dscn44061

 

dscn44071dscn44081

地域密着型特養 かりんの里 工事進捗状況 【苗場福祉会】

12月17日津南町にも遅い初雪が降りました。

2015-12-17-083245-hdr_x600

(2015年12月17日撮影)

里雪だったようで長岡市など平野部の方が積もったらしく、山間地の津南町ではほんの数cmの降雪でした。

2015-12-18-084036_light_x600

(2015年12月18日撮影)

かりんの里の工事は冬の間中断しています。

前回のレポート後は建物周りの土をならしてきれいにしていましたが、今はその作業も終わり、人の姿も見えません。

工事は来春3月半ば頃から再開の予定だということです。

(2015年12月21日 みさと苑  岡村昌幸)


医療法人財団百葉の会 百葉メディカルケアセンター第一回秋祭り

先日、百葉メディカルケアセンターでは秋祭りが


行なわれました。


ももはクリニック石坂、アルク富士、リライフ富士


の職員に加えて百葉の会の他事業所の方々や


業者の方までが模擬店や誘導係の手伝いを


してくださり、そしてステージも地域のボランティア


の方が盛り上げてくださり、本当に大盛況で初めての


お祭りを終える事が出来たと思っています。dscn40442

ステージ司会の相談員小野田と加藤。

慣れない中でも頑張ってくれました。

dscn4056

ステージ開演はつくし太鼓の演奏でスタート!

h1

dscn40523

dscn40663

模擬店には焼そばやカレー、豚汁など

さらに、お隣のセブンイレブン様にもご協力

いただき、ドーナツの販売までして頂きました。

dscn4048

お子様用にヨーヨー釣りや落書きせんべいも。

dscn4053

笑顔がみたい!もう一度自分らしさを取り戻せる

 

関わりがしたい!そんな思いで始まった施設です。

何より嬉しかったのは、お祭りに参加された方々が

笑顔でいられたことです。

最後に・・・・。

お祭りにお越し下さったご利用者様、ご家族様、

地域の皆様、業者様、本当にありがとうございました。

良いケアと医療を発信できる施設として秋祭りの

 

ように職員一丸で頑張っていきたいと思います。

今後も百葉メディカルケアセンターを宜しくお願い致します。

医療法人財団百葉の会 百葉メディカルケアセンター

リライフ富士 施設長 澤田 和也

地域密着型特養 かりんの里 工事進捗状況【苗場福祉会津南事業部】

「地域密着型特別養護老人ホーム かりんの里」は、10月2日に起工式を行い、着工からほぼ1ヶ月が過ぎました。着々と工事が進んでいます。

地盤の整備に重機が何台も入り時間が掛かっていたようですが、現在は基礎を作っているところです。

20151104_150002_img_4066x600

こちら新潟県津南町では、ちょうど紅葉も始まっています。

みさと苑の下には大河信濃川が流れ、対岸の崖も色づき始めました。

今日は雲一つない晴天で、信濃川の流れも穏やかでしたので、水面に映る景色が見事でした。

20151104_135725_img_4044x600

夕日を浴びると紅葉も更に色付きます。

20151104_160806_img_4071x600

20151104_161106_img_4077x600

季節によって刻々と変わるこんな景色を窓から眺めながら仕事ができるなんて、幸せなことです。

■撮影日:2015年11月4日

■撮影場所:新潟県津南町 老健みさと苑付近

■撮影者:岡村昌幸

(2015年11月4日 苗場福祉会 みさと苑  岡村昌幸)

みなと区民まつりに参加しました★(芝地区いきいきプラザ)≪医療法人財団百葉の会≫

10月10日(土)、港区芝公園にて「みなと区民まつり」が開催され、芝地区のいきいきプラザの皆様も大勢参加されました。
stage-01
芸能部会のステージは、昨年・一昨年に引き続き、神明いきいきプラザ・虎ノ門いきいきプラザ・お台場ふれあいだんらん室より有志の皆様が合同コーラスで出演。過去最高の参加者数となり、「From A Distance」「Stand Alone」を勇壮な歌声で歌ってくださいました。
img_1962
文化祭部会では、神明いきいきプラザ水墨画教室の有志の皆さんと三田・神明・虎ノ門のかな書道のクラスの有志の皆さんが出品されました。
こちらは、水墨画教室の皆さん。巡回されていた港区武井区長と共に記念撮影。
img_1974
こちらは今年初参加の、かな書道のクラスの皆さん。
img_1994
百人一首を一人2~3首ずつ色紙に書き、展示しておられました。
こちらの作品は後日、神明いきいきプラザの展示ギャラリーでも展示予定です。
img_1966
◆開催日時:平成27年10月10日(土)・11日(日)
◆開催場所:芝公園
◆記事作成:濱中香里

あみ採れたて野菜市を開催しました!(神明いきいきプラザ)≪医療法人財団百葉の会≫

10月8日、神明いきいきプラザ1階エントランスにて、あみ採れたて野菜市を開催しました。
e382b9e383a9e382a4e383891
阿見町から、おいしそうな野菜が沢山届きました!
img_1854
開始直後から、エントランスは賑わいました。
img_1860
img_1873
ご来場いただきました皆様、阿見町の生産者の皆様、ありがとうございました。

◆開催日時:平成27年10月8日(木)11:00~15:00
◆開催場所:プラザ神明
◆記事作成:笠井

ほのぼの茶席を開催しました!(神明いきいきプラザ)≪医療法人財団 百葉の会≫

10月7日(水)、神明いきいきプラザ1階エントランスにて、ほのぼの茶席を開催しました★
ほのぼの作品展に合わせて表千家茶道教室の皆さんがお点前を披露してくださいました。
poster1
来場者の皆様からは「飲みやすい」と評判でした。
img_1829
茶道教室の皆様、ありがとうございました!
img_1816
◆開催日時:平成27年10月7日(水)11:00~14:00
◆開催場所:プラザ神明
◆記事作成:濱中

ほのぼの作品展を開催しました!(神明いきいきプラザ)≪医療法人財団百葉の会≫

10月7日(水)~8日(木)、港区内の各いきいきプラザにてほのぼの作品展が開催されました。
神明いきいきプラザでは2階の展示ギャラリーにて、地域の老人クラブの皆様や
いきいきプラザをご利用の皆様の作品を多数展示いたしました。
poster
展示の一部をご紹介します。
img_1783
img_1938
img_1837
img_1806
img_1883
img_1909
img_1903
img_1929
作品を通じた世代間交流、国際交流も行なわれました。
こちらは、子ども中高生プラザの子どもたちとの共同作品の「光の箱」です。
半透明の紙の裏に筒状の銀紙を敷き詰めることで、光が乱反射して美しい色が出ます。
img_1926
大きな東京タワーの絵も、光の箱に。
img_1794
こちらは子ども中高生プラザの子どもたちが書いた書道作品。
img_1956
国際交流の一環として、中国・北京市朝陽区の高齢者の作品も展示いたしました。
img_1876
ご出品いただきました皆様、ご来場いただきました皆様、まことにありがとうございました。

◆開催日時:平成27年10月7日(水)・8日(木)10:00~16:00
◆開催場所:プラザ神明
◆記事作成:濱中

百葉の会内定式【医療法人財団 百葉の会】

本日は百葉の会に内定が決まっている、来年度職員の内定式が湖山リハビリテーション病院で

行なわれ、私も施設の代表として参加をしてきました。

若く、希望に溢れる新しい仲間を迎えられて嬉しい限りです。

湖山代表の祝辞VTRに始まり

髙木経営理事の挨拶。pa011980e5b08f

そして高口部長の講義もあり、我々も勉強させていただきました。介護の世界の奥深さをいつも考えさせられます。

pa012005e5b08f

内定式後には百葉メディカルケアセンターへの見学へも来てくれて、百葉の会の良さと施設の良さを身内に

PRできました。来年の4月1日入職式に再会できるのを楽しみに彼らの成長を応援するとともに自分たちも

負けないように成長してきたいと思います。

2015年10月1日 医療法人財団百葉の会 メディカルケアハウス リライフ富士 施設長 澤田 和也

認知症サポーター養成講座(医療法人財団百葉の会)

最近、朝夕は肌寒いと感じる季節になりました。

先日半日、今日一日と富士市役所において

認知症サポーター養成講座というものがありました。

今回は市の職員が対象で、市役所の方や学校の先生

議員の方など多くの業種の方が参加していました。

そんな講座の講師依頼を富士市介護保険課の方より

いただき、わたくし澤田は2日間の講師活動をしてまいりました。

1443607965690

認知症の方は近年増加傾向にあります。

2012年で426万人と言われ、現在は500万人超え

2025年には700万人に達するとも言われています。

富士市の人口から考えると・・・・。

10年後の2025年には市民の15人に1人くらいが認知症

となる可能性があるらしいです。

福祉や医療の現場で働いていなくても認知症の方が

身近にいて、対応を迫られる。そんな日も近いというより

すでに来ているのかもしれません。

こういった活動を通じて、認知症への理解が市全体に

拡がっていくと良いなと講師をやりながら思いました。

少しでも認知症の方を支える人が増えて、認知症の方が

住みやすい街に富士市がなれたら良いと常々思います。

その中で自分が作業療法士として、施設長として、市民として

何ができるか、しっかり勉強して、実践していかいないとと

強く感じることができました。

このような機会を与えてくださった方に心より感謝です。

平成27年9月30日 百葉メディカルケアセンター メディカルケアハウス リライフ富士  施設長 澤田 和也(作業療法士)

会津まつり「会津磐梯山踊り」 ◆医療法人社団平成会◆

2015年9月22日(木)、福島県会津若松市で開催された会津まつり「会津磐梯山踊り」に参加しました。
今回は職員・そのご家族・内定者等総勢140名に参加頂き、揃いの法被で踊りました。
20150922-1
20150922-2
20150922-3

恒例となったコスプレも大人気で、地域の方々と交流しながらの踊りとなりました。
20150922-4
20150922-5

今年度は『会津若松市商店街連合会長賞』を受賞いたしました。
今後も地域交流活動に積極的に参加し、地域との結びつきをより一層深めていきたいと思います。
20150922-7

(2015年9月23日 医療法人社団平成会 法人事業本部)